スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「医学統計の基礎のキソ 結果の解釈ができるようになろう」


08 01, 2012 | Tag,,統計

いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第2巻 結果の解釈ができるようになろう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)

物足りない感はありますが、分かりやすいのは分かりやすいです。

本書が詳しいのは以下の項目についてです。
  • 観察研究(症例対照(ケースコントロール)研究、コホート研究)
  • 介入研究
  • 相関
  • 回帰
  • 感度、特異度、陽性・陰性的中率
  • 相対危険度とオッズ比
  • NNT
この本は全3巻あるうちの第2巻で、テーマは”結果の解釈ができるようになろう”です。

論文を読むにあたり、結果を吟味する力を養いたいと思いまして。

医学知識は更新されるのが早いので、まめに新しい論文をチェックしないと最近の話題についていけなくなります。

しかし、ただ結論だけ読んでいるのでは、誤った知識を入手している場合があります。論文によって、信頼できるかどうかが大きく違うからです。

本書に出てくる統計用語についてはだいたい理解できたと思うのですが、やはり物足りない。次は第3巻、”研究の質を評価できるようになろう”を読もうと思います。


いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第2巻 結果の解釈ができるようになろう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第2巻 結果の解釈ができるようになろう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)
(2010/06/25)
浅井 隆

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。