スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「経営学を使える武器にする」


07 25, 2012 | Tag,,ビジネス書

経営学を「使える武器」にする
いくつかの日本を代表する企業がどのような戦略で業績を伸ばしてきたかがわかって興味深かったです。

本書はタイトル通り、経営学を机上の学問としてではなく、実際に生かすために著者がコンサルタントして行なっていることを紹介したもの。

M.E.ポーターの競争優位の戦略という本を教科書にして、研修に参加した社員は熟読し、要約し、自分自身でこれを今の仕事にどうやって生かすかまとめるそうです。600ページ、8000円もする古典的名作ですが、通常の仕事の合間にやるにはかなり大変そうです。

しかし、汗水たらしてこういう地道な作業を続けることがヒット商品を生み出す素になるのだそう。

いくつかの企業で既に成果が上がっているようで、本書ではそれも紹介されています。常石造船株式会社TORAYの話は非常にリアルでおもしろかったです。

STP+4PやPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)という言葉がやっと分かったかも。M.E.ポーターの競争優位の戦略はまだ読んだことがないのですが、いつか読んでみたい本の一冊になりました。

かなり満足度の高い一冊です。


経営学を「使える武器」にする経営学を「使える武器」にする
(2012/05/18)
高山 信彦

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。