スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Clay Shoveler's fracture


07 19, 2012 | Tag,整形外科,骨折

a1180_003893.jpg

C6,7, T1などの棘突起が剥離骨折することがあります。名前がついていて、Clay Shoveler's fracture といいます。
この骨折は例えばシャベルで雪かきをするなど、背筋にかなりの聴力がかかって、その付着部である棘突起が骨折するというものです。

clay shoveler fracture 

この骨折、名前はClay Shovelerとなっていますが、シャベルを使った作業じゃなくても起こることがあります。

僕が経験したのは野球少年の症例。小学生で野球をかなり頑張っていると言っていました。その少年、背中が痛くて外来にやってきたのですが、1週間、2週間たっても痛みが良くなりません。レントゲンでははっきりとした所見はなく、MRIを撮ってみました。すると、上位胸椎(T2)の棘突起にhigh intensityが。clay shoveler's fractureと判断し、安静期間を延長して様子を見ています。

この骨折は手術が必要になるようなものではないので、通常ストレスとなるような外力を避け、安静を保つことで治療します。痛みが良くなったら野球にも復帰できるでしょう。

早く良くなるといいのですが。

参考:



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。