スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


速読の危険


07 04, 2012 | Tag,速読

速読ができれば何倍も生産性が上がって人生ハッピーというのは幻想です。
ただ速いだけでは意味がない。何を読みとったかです。

1ヶ月に30冊読んだところで、後に何も残らないのでは意味がありません。あまり薄い読み方では、3年後には読んだかどうかすら忘れているかもしれません。大いにありえます。

できれば何か一つでも、小さな事でも知識として残しておきたいところです。

そのためにはアウトプットを意識することが重要だと僕は思います。

読んだものを自分の言葉として残しておくのです。いったん脳の中にしまった知識を別の言葉で記録しておくと記憶に残りやすくなります。

再読も効果的です。良書は何度読んでも良書です。繰り返し読むことは時間の無駄にはなりません。


速読は不要のような論調でここまで書いてきましたが、そうではありません。僕も一時期かなり速読にはまっていましたし。そうではなく、読む対象によって読むスピードを変えられるのがとても大きな武器になると思っています。


世の中の多くの文章がじっくり読むには適しません。ざっくり速く読んで次のタスクにとりかかる。ほとんどの作業はこの繰り返しです。

通常はこれでいいのですが、良書に出会ったら、ゆっくりじっくり読むようにするのがいいと思います。はい。自戒を込めて。


入社1年目の教科書入社1年目の教科書
(2011/05/20)
岩瀬 大輔

商品詳細を見る


できえるビジネスパーソンの考え方。こんな風に考えるんだ、と新鮮な発見があるず。一年目じゃなくてもぜひ。



0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。