スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォーカス・リーディング


08 01, 2008 | Tag,読書術

本日リアル書店で発見して思わず直感で買った一冊。

速攻で読みました。

内容は・・・これまでに紹介した読書本とそう変わりありません。
今までの本より目の使い方、集中の仕方を解説しています。

著者はSRRという有名な速読教室の講師だそうです。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る



本のコンテンツ力=著者の力×読者の経験値
これには同感です。内容をどれくらい理解できるかどうかは読者の経験値にだいぶ左右されると思います。そして、これは速く読めるかどうかの重要な要素でもあると思います。


この本が勧める速読術、要領のいい読書とは?

1.目的を持って読む。全ては読まない。
目的こそがスピード、理解を上げる原動力

2.時間設定
まず制限時間ありきです。
決めた時間にそれなりの読み方をするのです。
これだったら仕事で忙しい人にも可能です。

3.状況認識
締め切りが近ければ、それに追われて力を発揮することありますよね?

4.繰り返し読む
一番良くないのは一字一句に集中しすぎて全体を見失うこと。
スピードを保って繰り返し読んだ方が、結局は時間短縮で理解も深まります。

一冊の本を読んで、その3ヵ月後にどれくらい内容を覚えていますか?

驚くほど覚えていないと思いませんか?

だから、1回の読む時間を少なくして、繰り返し目を通せるようにするんです。
これが賢い時間の使い方です。

5.集中する ←ココが今まで私が読んだ読書本にはなかったところ
姿勢、呼吸法、目の使い方について解説してます。
巻末に付録があって、それを使って練習するような内容になってますが、実際には本を読むだけでこれを実践するのは難しいと思います。正直言って。

ただ、目の使い方で私なりに得たヒントは、気をつけてはいても、結構本の上で視線がさまよってしまうということ。なので、これを直す訓練が必要。とにかくスピードを保って視線を動かしてみることにしました。

私の読書法もまだまだ改善の余地があります。

人間弱いもので、習慣化していないとどうしても今までの楽な読み方に戻ってしまいます。
習慣化するまではひたすら繰り返すことが重要です。



世の中にはページを見ただけで写真を撮るかのように、本の内容が全て頭の中に入ってくると謳っている速読術があるらしいです。そして、実際にそんなことができる人もいるらしいんです。

でも、そんな夢のような技術が万人にできるとは思いません。
もっと実用的な技術を身につけるべきです。

ここで一つ誤解のないようにフォトリーディングについてコメントしておきます。
フォトリーディングはそんな魔法のような技術ではありません。
特にクローズアップされるのが、右脳で読むというフォトリーディングのフォトフォーカスの過程ですが、この過程は”分かる”過程ではありません。
たぶんコレがフォトリーディングに対して誤解の多い点ではないかと思います。

あくまでフォトフォーカスは”読んだ感じ”を植えつける作業です。
そして、次のステップ、活性化につなげる作業なんです。

フォトフォーカスだけでは本の内容は分かりません。
本をパラパラめくるフォトフォーカスは、あくまでフォトリーディングの一過程です。


実はこの本の主張している内容は、フォトリーディングの内容と重なる点が多いと思います。
読書法の神髄はやっぱりそうたくさんあるものではなさそうです。


ご参考までに
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

商品詳細を見る

あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
(2001/09/19)
ポール・R・シーリィ

商品詳細を見る



ブログ:王様の速読術
王様の速読術王様の速読術
(2006/05/12)
斉藤 英治

商品詳細を見る


ブログ:本調子
本調子 強運の持ち主になる読書道本調子 強運の持ち主になる読書道
(2003/12/20)
清水 克衛本田 健

商品詳細を見る


ブログ:「知」のソフトウェア
「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))
(1984/01)
立花 隆

商品詳細を見る


ブログ:スピード読書術
速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術
(2008/06/20)
宇都出 雅巳

商品詳細を見る





-3 Comments
By 寺田 昌嗣08 02, 2008 - URLedit ]

著者の寺田です。
本のご紹介とコメントありがとうございます。

今回の本は、徹底的に技術論を展開していますが、
おっしゃるとおり内容は特に奇をてらったものはありません。

体の使い方、眼の使い方、意識の使い方、そしてフォーカスの設定の仕方について
「こういう部分に気をつけると楽に読めるようになりますよ」という話を具体論で書いています。
この「技術論」が新しいというかユニークな部分だと思っています。

1つだけ弁解を!
フォトリーディングを否定しているつもりはありません。
私はフォトリーディングのインストラクターさんや実践者さんたちの友人が何人もいますし、
「フォトリーディングの内容と重なる点が多い」とあるように、
その基本にはシーリィ氏の「加速学習」があります。
(あと、アドラーの「本を読む本」を踏まえてしますし。)

私が否定しているのは「写真のように写し取れて、超高速に読める!」みたいな、
得体の知れないスゴ技を主張している速読術です。
(これもできる人は本当にできるものなんですが、ね。)

なにしろ、この本を読んで、自分の読書を点検し、
さらに「もっと楽しく、軽やかな読書」「成長できる読書」と出会えるといいな、
などと考えています。

てなところで、このたびはご紹介、どうもありがとうございました!
●●

By flowrelax@なりたい自分になろう08 02, 2008 - URLedit ]

大変失礼いたしました。
「写真のように写し取れて、超高速に読める」というのはフォトリーディングのことかと勘違いしてしまいました。
確かにフォト・フォーカスで紹介されている寺田さんの方法には、フォトリーディングの良いところが取り入れられているなと感じてはいました。
私もスポーツと同じで読書法も鍛えれば必ず向上するものだと思っています。
ホームページも拝見させていただきましたが、本書の中でも紹介されていた”目の動かし方”というのがとても気になりますね。
フォトリーディングもそうだと思いますが、講座を受講した方が本当は良いんでしょうね。
読書に対する考え方にまた新たな幅が増えました。
ありがとうございました。

By LuckyUS@フォトリーダー09 04, 2008 - URLedit ]

flowrelaxさん、こんにちは。

僕のブログへのコメントありがとうございました。
>「写真のように写し取れて、超高速に読める」
はフォトリーに思えますよね。書き方のちょっとした工夫で
防げる誤解だったかと思いますので、少し残念です。

さて、巻末の練習ですが、かなり時間がかかりますので
この本だけで続けるのは相当にコミットした人だけに
なりそうです。僕も1回通しでやってみるのが精一杯でした。
個人でこの練習を続けるのはちょっと難しい気がします。

速読はスポーツ!とうたう本書なので、部活のノリで、
何人かで切磋琢磨しながら練習するほうが良い感じです。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。