スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とがった人間になる


06 22, 2012 | Tag,雑感

small_3334512245.jpg
photo credit: Creativity+ Timothy K Hamilton via photo pin cc

人と同じことをしていてはダメだ、とがった人間にならなくては、と最近強く思います。

例えば整形外科医として一生手術をやり続けるなら、一般的な手術をそれなりにこなすより、誰もやったことない、もしくはやらないような手術をできる方が重宝されます。

手術をやるだけが整形外科医の仕事ではありません。基礎研究や臨床研究もあります。iPSの山中教授は元々整形外科医です。

僕自身は今、縁あってリハビリテーションの仕事をしています。

なかなか人と違うことをやるというのは勇気がいります。周りにはなんでそんなことやってんの?と言われる場合もあったりしますし。


先日もご紹介した勝間和代さんの「「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)」は色々と考えるきっかけを与えてくれました。
  • 強みを生かす
  • 人と違うことをする
  • 嫌われることを恐れない
これらの言葉は響きました。後二者は特に。

彼女のすごいところはその自己実現の手法だと僕は思っています。自分の強みを理解し、本を書いたり、セミナーをやったり、テレビに出たり。

自分の商品価値を高めることがとても上手です。そしてうまく他者との差別化を成功させています。コアなファンがいるのもうなづけます。


整形外科だったら、手術を極めるのが王道だと思います。はい。しかしそれだけではなく、外来診療を主にやる開業という道もあります。リハビリテーション科に進むという道もあったり。官僚(医系技官)になる道もあったりします。実はいろんな可能性があります。

とにかく、今までは皆と同じ事をしていれば安心だという思考過程で生きてきたわけなのですが、それではいかんと気づいた次第です。

とりあえず僕は今の状況を生かして、リハビリの勉強をしながら仕事をしていくことにします。



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo06 23, 2012

photo credit: Creativity Timothy K Hamilton via photo pin cc人と同じことをしていてはダメだ、とがった人間にならなくては、と最近強く思います。例えば整形外科医として一生手術をやり続けるなら

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。