スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「病院」がトヨタを超える日


06 14, 2012 | Tag,病院経営,医療

「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)
日本の医療を根本から立ち直らせたいという著者の強い気持ちが表れている一冊。

増え続ける日本の医療費を税金中心で賄っていくには限界がある。高齢世代が持つ金融資産をうまく循環させることがその解決策につながると主張しています。

最低限の医療は国民皆保険で保証しつつ、もっと選択の幅を増やす。そのためには自由診療枠(保険外診療)を拡大して、医療の自由化をもっと推進するのが一つの手だと。

医療を、税金を食いつぶすお荷物としてではなく、産業として捉え、育てていこうという考え方です。

たしかに。この点は僕も同意です。


本書の著者は脳神経外科医。八王子で開業をしています。詳細は本書に譲りますが、経営手法が今までになく画期的で、脳神経外科病院の他、リハビリテーション病院やビル内のワンコインドックなど多角的です。

また、カンボジアの医療開発を通じて、それを日本に逆輸入しようという計画も進めています。海外で前例を作って日本に持ち込もうとしています。

なるほど。たしかに日本にいて医療改革を叫んでも、実現までの道のりは遠そうですからね。

ドラッグラグの原因に医療費抑制政策の息がかかっているなんて、なんだかなあ。真相は定かではありませんが、十分考えられるシナリオです。


実際のところ本書の内容にはところどころ突っ込みどころがあります。しかしながら、基本的な著者の考え方に僕は賛成します。

ワンコイン健診や国民総背番号制なんて今すぐにでも実現、普及したほうがいい方法だと思います。

旧態依然とした医療のあり方はそう遠くない未来に破綻するでしょう。この本は新しい医療について考えるきっかけを与えてくれる有益な一冊だと思います。


「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)
(2011/01/21)
北原 茂実

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo06 18, 2012

日本の医療を根本から立ち直らせたいという著者の強い気持ちが表れている一冊。増え続ける日本の医療費を税金中心で賄っていくには限界がある。高齢世代が持つ金融資産をうまく循環...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。