スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今までの投資、これからの投資


06 12, 2012 | Tag,投資,資産運用

small_76416689.jpg
photo credit: velo_city via photo pin cc

また日経平均調子悪いですねー。

僕が資産運用として投資信託や株式を買い始めてしばらくたちます。

資産運用についての本は数多くありますが、損することが怖くていつまでも行動に移さないより、ある程度の良書を読んだらさっさと始めてみるのがいいと思います。

運用しながらまた本を読んで勉強すると、本の内容もより一層頭の中に入ってきます。日々のニュースに敏感になるのもいいことだと思います。

資産運用の良書にはインデックスファンドを低コストで分散して維持し、毎月積み立てることを勧めています。インデックスファンドは基本的に経済が成長し続ければ、長期的には利益を上げていきます。

例えば海外株式、日本株式、海外株式、海外債権、と4つの資産に分散するポートフォリオは昔から有名です。僕も初めはこれに習って毎月の積立投資を始めました。今でも基本はインデックスファンドの積立で投資しています。

しかし投資を始めてしばらくすると、色々と疑問や改善点が見つかるものです。

海外と言ったって、先進国もあれば新興国もあるじゃないか?REITはどうなんだ?とかですね。

こういう風に自分の考えでポートフォリオをアレンジしていくのもまた楽しい。投資の醍醐味です。


最近思うことは、日本株のインデックスファンドはやめておいた方がいいんじゃないか?ということです。

日本経済が右肩上がりならインデックスファンドに投資し続けるんですけど・・・

実際にちょっと前になりますが「三井住友TAM-日本株式インデックスe」というファンドの積立を停止し、一部を解約しました。

ただ、日本株の全てがダメと思っているわけではないんですよ。日経平均株価のインデックスが有望じゃないだろうということです。この10年で日経平均は1000円以上も下落しています。インデックスを買い続けていると損していることになります。

えー、ほんとに日本の上場企業はどこもダメなの?というと、実はそうではないんです。

上場企業2618社中を個別に見てみると、そのうち1493社は株価を上げています。

日経平均は規模の大きな会社の業績に大きく影響されるという性質があります。つまり、大企業の成績はいまいちだけど、それよりも規模の小さい企業は成績を伸ばしているのです。

だから日本株に関して言うと、今は個別に株式を買うべきなんじゃないかと思っています。

投資信託も悪くないです。投資信託を選ぶなら、先日紹介した本にも載っていた”直販投信”がいいと思います。なかなか自分で割安な優良銘柄を探すのは難しいですからね。


日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法
(2012/02/10)
藤野 英人

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。