スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「有名人になるということ 」


06 08, 2012 | Tag,

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)

勝間さんの本からはしばらく遠ざかってましたが、久しぶりに手にとってみました。本書は彼女が一般人から有名人になったことで得たものと失ったものについて書かれた本。かなり赤裸々です。

"結局、女はキレイが勝ち"あたりですかね。勝間さんに対するバッシングがすごいことになってると感じたのは。この本に関しては一(いち)ファンであった僕自身も、なんだかなーと思った記憶があります。誤解されても仕方ないかなと。すべての人が勝間さんのことを知っていて、ファンなわけではないですから。

有名人になるとファンとそうでない人との間で、どこにポジションをとるのかが難しいのしょうね。アンチが増えてもファンのことを第一に考えるのが正解なのだと思いますが。だからこそ批判を恐れずにtwitterやfacebookで自分の私生活を晒すことも大事なのでしょう。

そうは言ってもアンチな人に色々言われれるのはつらいと思います。僕はまだ耐えられないかもしれない。でもスルーするしかないんだそうです。スルーできる胆力も有名人には必要な素質なのだと。


実のところ4年前は僕もカツマーでした。勝間本を片っ端から読んで、書いてあることを愚直に実践したりしていました。本をよく読むようになったのも勝間さんのお陰です。

ただ、最近の勝間本は内容の薄さが気になってあまり読まなくなってました(この辺のことは勝間さん自身も認めています)。そうこうしているうちに距離を置くようになってしまった。。。

しかし今回の本はいったん有名人になった、数年前までは普通の人が、心の奥底に潜む苦悩を正直に晒しているのでとても興味深く読ませてもらいました。

有名になることで自分の商品価値を高め、大きくお金を稼ぐことが可能になります(本人はそれほどでもないと言っていますが)。しかしそれと引き換えに失うプライベートも大きなものです。

勝間さんが今何をどう考えているか。そして有名になると、いいことも悪いことも含め、どうなるのかよく分かる一冊。

それでもあなたは有名人になることを目指しますか。



「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
(2012/04/28)
勝間 和代

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo06 09, 2012

勝間さんの本からはしばらく遠ざかってましたが、久しぶりに手にとってみました。本書は彼女が一般人から有名人になったことで得たものと失ったものについて書かれた本。かなり赤裸...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。