スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「あんぽん 孫正義伝」


06 06, 2012 | Tag,経営者


日本を代表する起業家、孫正義氏の生い立ちがこれまでにないくらい詳細に描かれた一冊。


在日朝鮮人として、鳥栖の部落で生まれた彼がどのようにして今の地位を築きあげたか。

想像以上に過酷な幼少期を送ったことがよく分かります。彼に対する日本人の理不尽な差別は目を覆いたくなるようなものです。

それでも孫氏は日本を愛し、ビジネスを通じて日本を良くしようとソフトバンクを今の規模まで大きくしました。

決して恵まれた家庭に育ったわけではありません。両親、その兄弟(孫氏にとっての叔父)もどちらかといえば反面教師のような印象があります。

学歴をとってもいわゆるエリート街道を順風満帆に歩んできたわけでもありません。彼は福岡の久留米附設という名門高校を中退し、アメリカに渡っています。名門高校を出て、東大へというコースではないんですね。


栄光に光と影の部分があるとするなら、本書は影の部分に多くのスポットをあてています。

この生い立ちからどうして、彼のような人物が出来上がるのか。不思議に思うとともに、すごいと感じずにはいられません。

ありきたりな孫正義伝では満足できない方、ぜひ手にとって読んでみてください。




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo06 09, 2012

日本を代表する起業家、孫正義氏の生い立ちがこれまでにないくらい詳細に描かれた一冊。在日朝鮮人として、鳥栖の部落で生まれた彼がどのようにして今の地位を築きあげたか。想像以...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。