三匹のおっさん


05 23, 2012 | Tag,小説

三匹のおっさん (文春文庫)
60歳で定年退職とか、超高齢化社会の今となっては馴染まない気がします。

定年退職後約20年も余生があるわけですから(平均で)。周りを見渡しても今時の60歳って元気だよなあと実感せざるを得ません。

特に医者をやっていると60歳なんてまだまだ若いと感じます。実際に患者さんを前に「60歳ですか、まだ若いですね」なんて会話を普通にしています。80歳過ぎてからですかね、ようやく高齢者という感じがしてくるのは。


今日ご紹介する本は定年を過ぎた60歳そこそこのおっさん達三人による痛快活劇小説です。

このおっさん達、一人は剣道の達人、もう一人は柔道の達人、もう一人は小柄だけど機械いじりの達人でともに幼馴染です。剣道の達人には高校生の孫息子が。機械いじりの達人には高校生の娘がいます。

この小説は大雑把に言うと、おっさん三人組が痴漢や詐欺師をばったばたと退治していくというものです。

三人の活躍も良かったのですが、登場する高校生の孫や娘との掛け合いがハートフルで時代を捉えているなあと感じてほっこりした気分になりました。

祖父と触れ合う中で次第に心を溶かしていくユウキの成長にも要注目です。

僕みたいな30代が読んでもおもしろいですが、50代、60代、70代の人が読むともっと楽しめるような気がします。


おもしろかったので、あっという間に読み終えてしまいました。爽快。

児玉清さんも絶賛の一冊。みなさんもよろしければ。


三匹のおっさん (文春文庫)三匹のおっさん (文春文庫)
(2012/03/09)
有川 浩

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
1 Trackbacks
まとめwoネタ速neo05 24, 2012

60歳で定年退職とか、超高齢化社会の今となっては馴染まない気がします。定年退職後約20年も余生があるわけですから(平均で)。周りを見渡しても今時の60歳って元気だよなあと実感せ...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails