スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界の百歳人に学ぶ健康と長寿の9つのルール 「ブルーゾーン」


05 14, 2012 | Tag,アンチエイジング

ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
特定の地域に長生きをしている人が多いことが知られています。日本の沖縄もその一つです。

その特定の地域には長生きのための何らかの秘密があると考えるのが自然です。

本書は長寿をテーマに、ナショナルジオグラフィックに寄稿していたジャーナリストが書いた一冊。
  • イタリア・サルデーニャ島
  • 日本・沖縄
  • アメリカ・ロマリンダ
  • 中米コスタリカ・ニコジャ半島
の百歳人を対象に調査しています。


そこから導き出された結論は、
  1. 適度な運動を続ける
  2. 腹八分で摂取カロリーを抑える
  3. 植物性食品を食べる
  4. 適度に赤ワインを飲む
  5. はっきりとした目的意識を持つ
  6. 人生をスローダウンする
  7. 信仰心を持つ
  8. 家族を最優先にする
  9. 人とつながる
というもの。

最近僕はアンチエイジング医学を勉強し始めているのですが、そこで話題になるテーマが多くて興味深かったです。

特に食事は腹八分にし、食べ過ぎないようにすることということは盛んに言われています。

本書では赤ワインとナッツの効用についても力説されています。

僕は適度にお酒を呑んで楽しくなるのが好きなので、これはうれしいニュース。節制ばかりでは楽しくないですから。

ワインの中でもサルデーニャ地方のカンノナウ種ブドウはポリフェノールの作用がほかのワインに比べて2倍も3倍も強いのだそうです。

また、ナッツは冠動脈に起因する心疾患にかかるリスクを減らす。一回60グラムのナッツを週に5回以上食べていた人は、ナッツを食べない人より平均2年長生きする。そういったことが言われています。

ナッツの中でお勧めされているのは、アーモンド、ピーナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、ハシバミ、くるみ、松の実など。

ワインは1日1~2杯、ナッツは50gくらいを目安に摂取するといいそう。ワインもナッツも摂り過ぎには注意ですよ!アルコール、カロリーを過量に摂取することになります。

僕はさっそくカンノナウワインとナッツを試してみることにします。


ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルールブルーゾーン 世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
(2010/12/29)
ダン・ビュイトナー

商品詳細を見る


アンチエイジング的な話題の問題点はなかなか医学的な証明がされていることが少ない点です。情報が玉石混交なのも事実です。これからデータの蓄積と検証がされていくことと思います。

ただ、医学的裏付けを待っていてもいつになるか分かりませんから、いい歳のとり方をしたければ、害のない範囲で実践していくのが現実的かと。




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。