スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


右と左


05 12, 2012 | Tag,雑記

Beautiful smile
Beautiful smile / Worldizen

「口の右側にご飯粒がついてるよ」

「ありがとう(と言ってあなたから見て口の右側を手で探す)」

「違う、違う、そっちじゃない」

こんな状況、経験したことありません?

左右を言う時、「あなたの方向から見て」なのか「自分の方向から見て」なのかで全く逆になります。

誤解がないように左右を伝えるにはどうしたらいいのでしょうかね。

医療現場では右側、左側と言った時、それは患者さんから見た方向で考えます。特に整形外科だと上肢、下肢どちらも左右がありますから、こういう言い方に慣れています。


例えば前方から車が接近してきています。次の交差点でその車が右折しようとしています。

この場合どういう光景を思い浮かべますか?

どうでしょう。向こうから迫ってくる車から見て右に曲がる状況、つまり自分から見ると左側へ曲がる状況を想像するのではないでしょうか。


やはり自分と他者がいる相対的な状況下では、左右は他者の視点から見た方向を指すのでしょうかね。

みなさんの周りではどうですか?



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。