スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タモリさんに学ぶ会話の秘訣


04 21, 2012 | Tag,コミュニケーション,会話

small_4012030328.jpg
photo credit: Stéfan via photo pin cc


笑っていいともは国民的テレビ番組ですが、なかでもテレフォンショッキングにおけるタモリさんの話術は目を見張るものがあります。

話術と言いますか、相手に話をさせる技術です。

”会話上手になる秘訣は、相手にたくさんしゃべらせること”とは多くのビジネス書で言われてきていることです。

結果的に会話が成立しているわけですから、話術と言ってもいいでしょう。

相手にしゃべらせるためにはどうしたらいいのでしょう?

まず一つに”あいづち”を打つことです。タイミングよく、テンポよく。「へー」「なるほど」「勉強になります」「それいいですね」などなど単調にならないように言葉を変えながらです。


次にボディランゲージです。アイコンタクトも含みます。

人間のコミュニケーションのほとんどは言葉で行われていないとアメリカの心理学者、アルバート・マレービアン博士は言っていることです。

顔の表情 55%
声の質(高底)、大きさ、テンポ 38%
話す言葉の内容 7%


だそうです。内容以外が93%!?


あとはストックスピールという手法が使えそうです。

これは相手がすでに経験していたり、すでに考えたことがあったりしてものすごく話しやすい話題を取り上げる手法です。

「あなたはこれまでに一度くらい転職や独立を考えたことがあるんじゃないですか?」
「今、好きな人がいるでしょ?」
「〇〇さんって自分の意見が相手にうまく伝わらずに苦い経験をした事がありません?」
「○○さんって、自分よりも相手が嬉しそうにしてくれるのに喜びを感じるタイプだよね?」「○○さんって、本当は相手の事を思っているのに、気持ちを誤解されちゃう事があるでしょう?」
「○○さんって、好きになったら相手の期待に答えようとして、ちょっと無理しちゃうところがあるでしょう?」

など。

一部でも当たっている内容をこちらから質問にして相手に投げかけることで、相手は安心し、話しやすくなります。

どうでしょう?少しは明日からの生活に役立ちそうな内容があったでしょうか?

僕自身、話が上手な方ではないので、タモリさんを見習って一歩でも会話上手に近づきたいですね。


なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?
(2012/01/14)
内藤 誼人

商品詳細を見る



デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)
(2011/09/20)
ウジ トモコ

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。