スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社会人として、これから先をどう生きるか 「僕は君たちに武器を配りたい」


04 03, 2012 | Tag,生き方,考え方

small__5652405755.jpg
photo credit: elBidule via photopin cc

学歴を積んで、いい大学に入って、一流企業に入社する。従来型のエリートというのはすでに成功とは言えません。

なぜならそういった従来型のエリートは世の中に既にたくさん溢れていて、コモディティ化しているからです。コモディティというのは”ありふれたもの”という意味です。要するに他の誰かでも代わりがきくということです。

また、企業の寿命は30年とも言われ、終身雇用制も破綻しかかっている今、一つの会社に人生を委ねるのはリスクが大きすぎます。あの東電すら破綻寸前までになったのですから(しぶとく株式会社として存続してますが)。



コモディティ化といえば、医者の仕事もそうだなと感じました。何科であってもその科を専門にしている人はたくさんいます。

例えばゴッドハンドと言われるような手術がうまい、特別な技術を身につけた医者がいるとします。そんな医者なら、どこに行っても重宝されるでしょう。

しかしながら「そこそこ知識があり、そこそこ手術もできます」だけではそのうち職にあぶれるようになるかもしれません。それこそコモディティと言われてしまうかも。


本書では”仕事”を6つのタイプに分類しています。

1. トレーダー
2. エキスパート
3. マーケター
4. イノベーター
5. マネージャー
6. インベスター(投資家)


トレーダーは商品を遠くに(もっと売れる場所に)運んで売ることができる人

エキスパートは自分の専門性を高めて、高いスキルによって仕事をする人

マーケターは商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人

イノベーターはまったく新しい仕組みを生み出すできる人

マネージャーは自分が起業家となり、みんなをマネージ(管理)してリーダーとして行動する人

インベスターは投資家として市場に参加している人

と説明されています。


トレーダーとして身を粉にし、根性で仕事を続けるのもいいですが、こういう生き方は先が見えなくてつらいです。

エキスパートもいいですが、僕はマーケター、イノベーターとしての視点も持ち合わせていたいなと思います。また、最終的にはインベスターとしても市場に参加したい。そう思っています。

これからの自分の生き方についてここまで考えさせてくれた本は久しぶりでした。コモディティにならないようにというのが僕自身、今後の目標です。


新社会人の人たちには、今この話はピンとこないかもしれません。しかし働き出して何年か経つと必ず気づくはずです。何年も経つ前に一度読んでみることを勧めます。







0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。