スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政治家の殺し方


02 18, 2012 | Tag,政治

政治家の殺し方
組織の何かを変えるって大変なことですよ。その組織が大きければ大きいほど。

特に政府や自治体などの公務員が作る組織は簡単に制度を変えることは難しいようです。

国民や市民のためにあるはずの組織がいつの間にか自分たちの利益や立場を優先するための組織に変貌しているからです。

そこにはさまざまな利権も絡みます。


横浜市はまさにその象徴で、増え続ける財政赤字の前に為す術がありませんでした。その状況を変えたのが前横浜市長の中田宏さんです。

職員の数を減らしたり、なんだかよく分からない”手当”を減らしたり、横浜国際総合競技場のネーミング権を日産に買い取ってもらうことで運営費を削減したり。あの手この手で財政再建に取り組みました。

こういう改革でぬるま湯に浸かりきっていた職員や甘い汁を吸っていた業界団体は猛然と反発します。

その点はある程度想像できていたのですが、驚かされたのがマスコミの対応でした。まさに言葉の暴力です。裏付けなしに盛り上がりそうだと判断すれば報道する。そういう一面があるようです。


改革を断行するには強力なリーダーシップが必要なんでしょうね。抵抗勢力を蹴散らせるような。最近だと大阪市長の橋本さんが思い浮かびます。

なにも市とか国とかそういう大きな組織じゃなく、身近な職場でも規模を小さくした同じことが言えそうです。

リーダーには抵抗勢力を納得させるようなきちんとした説明、一貫した態度、少しくらいの嫌なことは耐える忍耐力、そういったものが必要なのだと思います。


政治家の殺し方政治家の殺し方
(2011/10/26)
中田 宏

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。