スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


経済ってそういうことだったのか


01 15, 2012 | Tag,経済

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
この本、ちょっと古いですが、日本を世界経済の中で理解するのにいい本だなと思いました。

基軸通貨としてのドルはどうやってできあがったのか、とか、なぜユーロという通貨を誕生させる必要があったのかとか。

また、世界経済におけるアメリカの役割やアメリカの二枚舌とか。今日からアメリカという国についての見方が少し変わりました。

日本が抱えている構造的な問題も指摘されています。右肩上がりの成長を続けているうちはいいですが、成長のステージが変わったのなら政府予算の使い道も変えないと。公共投資がいい例です。なあなあで公共投資を続けるのはやめてほしいと思います。

起業についての話もなかなか興味深かったです。日本は規制や税金の問題からなかなか起業には向かないのですかね。

カネボウが資生堂の後追いで化粧品に進出し、当初10分の1しかなかったシェアを10分の3,4まで伸ばしたという話もおもしろかったですよ。カネボウは圧倒的に強かった資生堂の、ほとんどマネのような商品を作って宣伝を打ったんですね。そうすると徐々に本家の顧客が「あ、なんかカネボウも同じように良さそうだ」と感じて買っていったんだと。なるほど~と思わせるやり方だなと感心しました。


経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
(2002/09)
佐藤 雅彦、竹中 平蔵 他

商品詳細を見る






0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
tomemo01 22, 2012

経済ってそういうことだったのか | メタノート http://flowrelax.blog43.fc2.com/tb.php/894-aab32c9b また読み返してみるか…。

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。