スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おおきなかぶ、むずかしいアボカド


12 03, 2011 | Tag,エッセイ,村上春樹

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2
とにかくほっとしたい。頭も体もぐったりなので難しい本は読む気になれない。気楽に読めて、読んでいると癒される。そういう本を読みたくなる時があります。

論理的かどうかとか、主張はしっかりしているかとかそういう難しい話はどうでもいいんです。内容よりも文体から醸しだされる雰囲気がすごく心地いい。そんな文章です。

文章には書き手の個性が現れます。多かれ少なかれ。僕が好きな作家に村上春樹さんがいます。彼が書く小説はもちろん好きです。

先日読んだ「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」というエッセイ集がとても良かったです。

日常のことを小説よりも砕けた感じの親しみやすい文体で書かれています。彼の小説ではお酒のことや好きなミュージシャンのこと、好きな作家が登場して、それらがスパイスのように効いて雰囲気作りに大きな役割を果たしていると思います。そのあたりは今回のエッセイでもいい感じに登場します。

ブログなんかでこのエッセイみたいな文章が書ければいいのになあと僕なんかは本気で憧れます。

この作品では一つ一つのエッセイの最後に”つぶやき”が書かれています。例えば

「婚約破棄」と聞くといつも捨てられたコンニャクを思い浮かべるんだけど、下らないですね。

「挨拶」という字が書けません。20年くらい前から覚えなくちゃなと思いつつ、今に至っています。

日本からダンキンドーナツが撤退して長い歳月がたちます。国家的悲劇です。


村上さんもこんな事考えているのですね。だいぶくだらないんですが、そのくだらなさがたまりません。

こういう本って好き嫌が分かれそうですが、僕は大好きですね。日々の息抜きにいかがでしょうか。癒し系の一冊です。


おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2
(2011/07/07)
村上 春樹

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。