スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


予防接種は「効く」のか?


11 19, 2011 | Tag,予防接種,感染症

予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)
副作用、副反応といった方がいいのかな。

これがない医療行為は僕はほとんどないと思っています。

手術だってそうです。皮膚にメスを入れるということは体の中の組織、血管とか神経とかそういったものを損傷するリスクがあります。感染のリスクも出てきます。もちろん傷も残ります。

それでも手術を行うのは、手術を行わない治療より手術を行った方がより高い治療効果が得られると判断するからです。


予防接種も似ていると思います。

副作用が出たら困る、接種しても100%予防できるわけではないんでしょ、接種しなくても病気にかかると決まったわけじゃないし、という意見を持っている人もいるかもしれません。

その人にとってはまだ見ぬ病気ですから、そう言いたくなる気持ちもわかります。

しかしながら、予防接種というのは個人の意見でやるかやらないか決めるものではないと思います。

感染症というのは、ある人がかからなくても別の人から移されるという危険があります。感染する人の数を社会全体でできる限り少なくしておく必要があるのです。

だから個人単位ではなく、社会全体を一つの単位として考えるべきです。接種するメリットがしないメリットを上回るなら接種するべきでしょう。


日本はワクチン後進国と言われています。Hib、肺炎球菌、HPV、インフルエンザ、水痘、おたふくかぜ、HAV、HBVは任意接種です。有料ですから、接種しない人も多いと思います。


日本の小児における予防接種スケジュール


ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ、結核、麻疹、風疹、日本脳炎は定期接種の対象。こちらは無料です。

厚労省には一日も早く、任意接種の疾患も同じように無料にしていただきたいものです。


予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)
(2010/12/16)
岩田 健太郎

商品詳細を見る


予防接種についてはマスコミからの偏った情報しか普及されていない可能性があります。

感染症医として臨床の第一線で活躍している著者からの一冊。

読んでおくときっと役に立つと思います。



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。