スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相手に9割しゃべらせる質問術


10 29, 2011 | Tag,コミュニケーション

相手に9割しゃべらせる質問術 (PHP新書)
会話を長く成立させようと思ったら自分が話し続けるより、相手に話してもらっていたほうがうまくいきます。

自分が話し続けていると途中で息切れがしてきて、話が続かなくなり、二人の間に沈黙が訪れて・・・みたいな。

それに話し続けなくてはいけないというのは結構プレッシャーですよね。二人の間に流れる沈黙が怖くなります。


この本は、数多くのバラエティ番組から企業やファッションなど幅広く手掛けるプロデューサーであるおちまさとさんの作品です。彼はインタビュアーとしての自分のスキルに自信を持っています。

そんな彼の質問術に関する一冊です。質問する側が一方的にしゃべるのではなく、相手にしゃべらせることに主眼を置いています。

読んでみて僕がたしかにそうだな、参考になるな、と思ったことを一部紹介します。


自分からぶっちゃけてカミングアウト

カミングアウトされると、こちらも心を開きやすくなります。

これは相手が自分からお互いの間に存在する”壁”を取り外そうとしていると感じるからなのだと思います。同情も入っているのでしょうけど。

あまりよく知らない人に自分の内面をさらけだすのは、ちょっと勇気がいりますが有効だと思います。


現在→過去→現在→未来の順で話を展開する

現在:「この企画の特徴は?」
過去:「そもそも、この企画の発想はどこから?」
現在:「なるほど、だから今若者に人気なんですね」
未来:「企画の第二弾は?」

話の展開の仕方として参考になります。こういう型を身につけていると、安心できます。

また、本書では”そもそも”という単語が困ったときに使えるマジックワードとして紹介されています。


相手の話を要約してタイトルをつける

「つまり、損して得取れみたいなことですよね」

これも納得がいきます。相手に対してあなたの言うことを聞いていますし、理解もしていますよと言動で示せば、相手は話しやすくなります。


僕自身、あまりよく知らない人との会話はあまり得意ではないです。ついつい早く切り上げてしまいがちです。あれこれテクニックについて考えることも有効でしょうが、積極的に話しかける姿勢は忘れずにいたいですね。



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。