スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方


09 27, 2011 | Tag,マネジメント

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

医者の世界では(特に外科系)、知識や技術を先輩から後輩に伝えていくことが求められます。手術手技などは特にそうです。

僕自身たくさんの先輩に教えてもらってきました(今も教えてもらってます)が、今は後輩を教えることもしばしばです。

”教える”というのはなかなか難しいものです。

教えてもらう立場にある時は「あの先生なんであんな言い方するんだろう?」とか「自分が上司だったらこんなふうに教えるのに」とか不満は自然と湧いてきていました。

それなのに教える立場に立つと、あの時の不満はどこ吹く風で「どうしてあの後輩はこんなに簡単なことが分かってくれないんだろう?」とか「少し自分の頭で考えればわかりそうなことなのに」と自分本意な不満を漏らすようになります。

先輩から言われたことを真似して「手術は見て覚えるものだ」と言ってみたり。自分が言われたときは「見ただけで分かるわけない」と感じたのに。。。


人を教えるためにはある程度の工夫がいるようです。だまっていてもきちんと後輩は育つというのは古い考えだし、間違いではないけど効率的ではありません。

”9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方”という本は、教えることに関して学ぶのに役立つ本です。

与えた指示の意味をきちんと教えてあげるとか、目標は細かく砕いて提示してあげるとか。マメに声をかけて、先輩は後輩のことをきちんと見ているんだという姿勢を示すことが大事なんだとか。

僕もいくつか肝に銘じておきたいことをメモしました。


表面的に教えることの方法論を学ぶことに加えて、組織のミッションを浸透させるというのはもっと大事なことです。これが根底にあるから方法論が生きてくるのですね。

ディズニーには”すべてのゲストにハピネスを提供する”というミッションがあります。

ゴミ拾いをしていたあるキャストは、ゲストに「何をしてるの?」と聞かれ、「みなさん、楽しい思い出をたくさん作っていらっしゃいますよね。私は、パークに落ちている思い出のかけら(=ゴミのこと)を拾っているんですよ」と答えたそうです。

社員自ら機転を利かしてこんなことを答えているなんて素晴らしすぎます。


教え、育てるということは、自分を育てることでもあると思います。ディズニーに興味がなくても一読の価値はある本かと。


9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
(2010/11/25)
福島 文二郎

商品詳細を見る




1 CommentsPosted in
-1 Comments
By 履歴書の書き方の見本10 17, 2011 - URLedit ]

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。