スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと


08 29, 2011 | Tag,資産運用,投資

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
読むタイミングを間違えましたかね。ひどいですよね、最近の株価。

でもこういう時だからこそ投資についての知識は必要ではないかとも思います。

考えようによっては、初めて資産運用をはじめようと思っている人にとってはチャンスです。


こつこつと労働で得た収入を未来に向けてどうやって増やしていくか。給料をぐんと増やすことができるなら、稼いだお金をどう運用させていくかなんてあまり考える必要はないかもしれません。

しかしながら、僕も含めて多くの人たちは限られた給料から貯めるお金を捻出し、未来に向けて少しずつ投資していく必要があります。銀行に預けておくのはもったいないと思います。

投資というと「大損するのがコワイ」と言う人を見かけるのですが、これは投資を競馬やパチンコのようなギャンブルと混同しています。

デイトレードのように日々の値動きに一喜一憂して売却益を稼ぐのを目的にしている投資もありますが、僕が考える資産運用向けの投資はそういうものではありません。

僕のおすすめは投資信託を利用した方法です。毎月の給料から決まった金額を積み立てることができるのがいいです。この方法のいいところはドルコスト平均法が効くところです。機械的に決まった金額を買っていくので安い時にはたくさん、高い時に少なく買うことになります。そうすることで長い目で見て損失を少なくし、利益を増やすことができます。

さらに肝心なのは投資信託選びです。初めての人はどれを買っていいかわからず困りますよね。

多くの本には国内株式、海外株式、国内債権、海外債権の4資産に分散して投資することを勧めています。

この時選ぶ投資信託は購入コストのかからないノーロード型のインデックス投資信託で、信託報酬のできるだけ安い物を選ぶといいです。リスクは低め、手堅い運用を目指します。

投資信託は本当にたくさんの種類があるので、各販売会社(例えば僕が利用しているのはSBI証券)のネットに行って、手数料で比較検討してみるといいです。

他には投信情報サイト|投資信託のモーニングスター [ ファンド・評価情報・アナリスト分析・ニュース・インデックスファンド ]というサイトに行くと、好みの投資信託が選べます。

僕は上に書いたような国内、海外株式、国内、海外債権を中心にした投資信託で積み立て運用しているのですが、昨今の経済情勢見ていると、新興国の株式や債券は無視できないと考えるようになりました。

国内債権などは銀行預金のお金がそもそもほとんど日本の債権で運用されていることを考えると、このあたりを切って、新興国の株式や債権に変更したほうがいいのかなと。

また、インデックスへの投資というのはその投資対象の経済規模に投資するという性格があります。そういう意味ではこれから経済発展を遂げるであろう新興国に投資しないのはもったいないと思います。

ちなみに「6割を海外株式に、3割を海外債券に、1割を金に振り向け、株式と債券のうち半分を新興国に投資する」というのはモーニングスターの代表取締役朝倉さんの意見です。

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
(2011/05/20)
朝倉智也

商品詳細を見る


全てではないですが、参考にしたいと思います。

モーニングスターの朝倉さんが執筆しています。こちらの本では詳しいモーニングスターサイトの使い方も解説されていますよ。

資産運用は考えればキリがないですが、なるべくシンプルに、手間のかからない方法を見つけていきたいですね。




1 CommentsPosted in
-1 Comments
By 投資の初心者10 21, 2011 - URLedit ]

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。