スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


身につけたい とっさの会話力


07 23, 2011 | Tag,会話,コミュニケーション,コーチング

予想していないところで会話が発生することってありますよね。会話というのはそんなものです。いきなりの電話とか、突然の質問とか。

特に自分から会話を始める時ではなく、相手から話が切りだされる場合にとっさの会話力というものが試されると思います。

僕の場合は勤務中に突然電話が鳴って、患者さんのことでコンサルトされる時に経験しています。会話が終了してしまってから、あれを話すの忘れたとか、これを話しておけばよかった、なんてこともしばしばです。

そんなとっさの状況でなぜうまく切り返せないのかと考えてみると、感情に支配されすぎて冷静さを見失ってしまうということがあると思います。

会話というのは常に他者の反応があるものです。しかも時間制限つきです。焦りも生じます。

相手の話に耳を傾けるというのは大切な事なのです。

しかしながら、耳を傾けすぎることの弊害もあるように思います。自分が主張すべき内容を見失いがちになるからです。

会話にのめり込み過ぎず、一歩引いた視点を持つ。こういう姿勢も大切なんじゃないでしょうか。

冷静に、的確に会話をマネジメントできるようになりたいものです。


会話のマネジメント コーチング選書 02会話のマネジメント コーチング選書 02
(2004/11/18)
M.コノリー、R.リアノシェク 他

商品詳細を見る





2 CommentsPosted in
-2 Comments
By まめ先生(えんどう まこと)07 31, 2011 - URLedit ]

先生と同じような経験を私もよくしています。
そういう時こそ、一息ついて、落ち着いてお話しするように心がけています。
と頭で分かっていても、実践はなかなか難しいのですが・・・

By flowrelax08 01, 2011 - URL [ edit ]

まめ先生、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。分かっていても難しいんです。

いつもコンサルトが来るかも、と身構えているのでは疲れてしまいますし。

とっさの時でもできるだけ落ち着くように心がけながら、日々やっていくしかないですよね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。