スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


腰痛をめぐる常識のウソ


06 20, 2011 | Tag,腰痛

腰痛をめぐる常識の嘘
なかなか興味深い本を見つけました。ちょっと発刊は古いのですが。

日常的に腰痛の診療をしている僕にとっても意外(?)な事実が書いてありました。

教科書に書いてあることだけが正しいとは限らないんです。経験的に当たり前のように考えていたことが実は違っていたりします。

そういう事に気づかせてくれる本です。

例えば、

腰痛、坐骨神経痛はいったん発生したら治らない?

という問いに対して、腰痛、坐骨神経痛の90%は3ヶ月以内に軽快する、本当に問題になる腰痛・坐骨神経痛は全体の1割と考えてよい、と書かれています。これは臨床をやっていて実感できる数字です。患者さんがこれを知っていれば、腰痛で悲壮な気分になる必要はないと気付くでしょう。


腰部コルセットの長期装着が筋肉を低下させるという証拠は十分ではない。

コルセットを着けていたら腰を守るための筋力は当然低下するだろうと思っていましたよ(汗)。


骨盤牽引が腰痛の患者さんに治療効果があるという証拠はない。

これは納得。骨盤牽引は開業医なんかでやられている治療ですね。中規模以上の病院で腰の牽引治療をやっている病院はないと思います。


本書は一般向けに書かれた本です。古い本ですが、なるほど、へー、と思わず言いたくなるようなことが書いてあります。

腰痛に興味がある人は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

腰痛をめぐる常識の嘘腰痛をめぐる常識の嘘
(1994/09)
菊地 臣一

商品詳細を見る


腰痛をめぐる常識のウソ (続)腰痛をめぐる常識のウソ (続)
(1998/10)
菊地 臣一

商品詳細を見る


1 CommentsPosted in
-1 Comments
By 06 23, 2011 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。