スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よい話し手はよい聞き手 よい聞き手になる7ステップ


06 07, 2011 | Tag,コミュニケーション

  1. 時間をとる:話をせかさない。沈黙も大切。相手に気分を落ち着かせ、考えをまとめる時間を与える。
  2. 相手を尊重する:頭から否定せず、さえぎらずに最後まで聞く。そして途中で口を挟むのは止める。
  3. 聞いているという姿勢を示す:話し手の意見を聞いているんだと耳を傾けていることがわかるような姿勢を意図的にとる。特に、眉間にシワを寄せたり、髪をいじるなど無意識でも関心がないと思わせるような行動は相手の話す意思を削ぐので注意。肯定的なノンバーバル・メッセージが効果的。うんうん頷いたりとか。
  4. 判断しない:悪意がなかったとしてもあなたの意見が話し手の話す意思を削ぐ場合がある。思ったことがあってもあえて途中で言わないようにする。
  5. 自分が理解しているかどうか、ときどき確認する:「こう理解したのですが、おっしゃったのはこういう意味ですか?」とか。
  6. 客観的になる:感情、考え、先入観を排除して聞く。
  7. 肯定的なノンバーバル・メッセージを出す:うんうん頷いたり。動作で話を促す。

図解コーチングマネジメント図解コーチングマネジメント
(2005/04/21)
伊藤 守

商品詳細を見る


0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。