スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社員をサーフィンに行かせよう


05 02, 2011 | Tag,企業,パタゴニア

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
昨年、5年ほど使用していたパタゴニアのアウターが古くなってきたので、新しいパタゴニアを購入しました。多少値ははるものの、私はパタゴニア製品が好きです。

サーフィンなどアウトドアスポーツが好きだということも影響しているのかも知れませんが、品質は信頼できるし、デザインも好みなことが理由です。


今日ご紹介する本、これはそのパタゴニアの創業から今に至るまで、そして企業としての理念などが綴られた本です。筆者はイヴォン・シュイナードさん。パタゴニアの創業者です。

私は本書を読んでますますパタゴニア製品が好きになりました。パタゴニアが人々を引きつける魅力が分かってきました。

タイトルにある”社員をサーフィンに行かせよう”は冗談ではなく、本当にパタゴニアが実践していることです。もちろん、手を抜いていい、ということではありません。

どういう狙いなのか初めは分かりませんでしたが、きちんとした根拠がありました。一見矛盾していそうな”社員をサーフィンに行かせよう”というスローガンは、次に示す5つの考え方に基づきます。

責任感
パタゴニアは社員ひとりひとりに責任感を持って仕事をしてほしいと考えています。仕事に業績評価はつきものです。許されているからといって、サーフィンばかりやっていては評価が下がります。そのかわりやることをやれば、なんのお咎めもありません。そのため、自分が携わる仕事はきちんと仕上げなければならないという責任感が生まれるというわけです。


融通をきかせること
サーフィンは自然相手のスポーツです。波の形がいい時ほど楽しくなります。しかし、波がいい時を正確に予測することは困難です。

いい波に乗るためにはいつも準備しておかなければいけません。仕事も常に柔軟に対応できるようにしておかなければいけません。


効率性
目の前に人参をぶら下げられた馬ではありませんが、好きなことをやるために、ということであれば仕事にも集中できるという面があると思います。

職場には来たけどダラダラと机の前に座っているのに比べて、集中して仕事に打ち込める効果があるということです。


協調性
誰かがサーフィンに出かけたために生じた穴は、残された仲間が埋めなければいけません。サーフィンはパタゴニアが扱っている分野のひとつに過ぎません。他、ロッククライミングやスキー、スノーボードといったウィンタースポーツなど色々あり、社員が他のスポーツをする場合でも同様です。

自ずと仲間が携わっている仕事の進捗状況も把握するようになるし、情報の交換がスムーズにできるようになるというわけです。


タレントの確保
パタゴニアのようなアスリートにとって嬉しい制度があるということは、アウトドアスポーツに携わる一流のアスリートを惹きつけます。

彼らのフィードバックこそが新しい製品開発の貴重な情報源になり、品質の優れた商品が出来る理由になっているのだと思います。



パタゴニアはアメリカで働きたい企業トップ100に選ばれるくらいの人気企業です。そして、売上の1%を自然保護のために寄付しているという自然に優しい会社でもあります。とても魅力的な会社です。

どこの組織でもパタゴニアのような大胆な方針がとれるとは限らないと思いますが、参考に出来る部分もあるのではないでしょうか。

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
(2007/03)
イヴォン シュイナード

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。