スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


震災とそれをめぐる正義について


03 19, 2011 | Tag,考え方,哲学


福島・双葉病院「患者置き去り」報道の悪意。医師・看護師は患者を見捨てたりしていなかった - 絵文録ことのは - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース

これを読んで、双葉病院のスタッフの方々が気の毒で仕方がありませんでした。心が痛みました。マスコミの報道により名誉を傷つけられ、心も傷つけられ。

双葉病院のスタッフは最後まで患者のことを気にかけ、患者を守ろうとしていたようです。とても立派だと思います。

マスコミは自分たちが報道する内容について、もう少し慎重になるべきです。


別の見方かもしれませんが、この記事を読んで、同じ医療従事者として、私は他人事ではないと思うとともに、こういう危機的な状況で自分が取るべき行動について考えざるを得ませんでした。

  • 一人の人間を犠牲にすれば五人の人間の命が助かる場合、一人を犠牲にするべきだろうか?

これはマイケル・サンデルの「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」の一節です。

この問いは今の状況によく当てはまると思います。

原発から3kmしか離れていない場所に取り残された病院。そこには動ける医療スタッフと寝たきりの患者。原発で爆発が起こり、避難勧告が出た。全員まとめて安全な地域に輸送できる手段はなし。

こういう状況で医療スタッフのとるべき行動は?という問いに対してどう考えればいいのでしょうか。

身動きのとれない患者をギリギリまで手を尽くして守ろうとする。これは当たり前のことです。誰でもそうすると思います。

しかし、本当に逃げなくては命を落とすという極限の状況になったとき、仮に双葉病院のスタッフがやむを得ず先に逃げたとしてそれを第三者が責めることはできるのでしょうか。私は責めることはできないと思います。


これからの「正義」の話をしよう」では、

  • 自然災害の後、被災者相手に日常生活用品に高額な値付けをする。これは許されるのだろうか?

という問いも出てきます。

被災者はただでさえ財産を地震や津波に持っていかれて困っているのに、そんなことをすれば泣きっ面に蜂だ。そんなこと到底許されるものじゃない、という意見もあると思います。

一方で、

金融日記:東京電力は直ちに電気料金を大幅値上げせよ

のような意見もあります。

被災者以外の人に対して電気や水、ガソリン、その他生活必需品に至るまで需要に合わせて値段が変動すれば電力不足や買い貯めによる物不足が少しは解消されるというメリットがあるかもしれません。


いろいろ意見はあると思います。このような答えのでない問いに対して、それでも自分なりの回答を用意しておかなくてはいけない。今回の震災を機にそう感じた次第です。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデル

商品詳細を見る





3 CommentsPosted in 日記
-3 Comments
By ずっく03 19, 2011 - URL [ edit ]

いつも役立つエントリ楽しく拝見させていただいてます。
一点だけ失礼します。
管理人様は後段の震災時の便乗値上げについて、サンデルを引かれて答えの出ない問いだとして「事実」の問題というより、「価値判断」、哲学の問題だという認識をされているようですが、この議論は経済学上では結構「科学的」に議論されており、サンデルの理解はかなり一面的で、あまり適切ではないと思います。
金融日記さんのエントリは、あまりに単純化されておりますのでサンデルの議論は妥当するかも知れませんが、経済学ではもう少し高い水準で議論されており、哲学の問題にするのは少し疑問があります。ご参考までに http://togetter.com/li/111416 
私も本エントリのご趣旨は理解しているつもりなので、揚げ足をとっていることに当たるかもしれません。不快に思われたらすみません。

By flowrelax03 19, 2011 - URL [ edit ]

ずっくさん、コメントありがとうございます。

不快だなんてとんでもない。リンクも参照させていただきました。

供給が極端に不足した状態での価格メカニズム短期的に機能せず、買い控えを促す効果はあるかもしれませんが、資源の分配に悪影響を与える。配給のほうが好ましいと。

大変勉強になりました。有益なコメントありがとうございました。

By 03 20, 2011 - URL [ edit ]

ハーバードのマイケル・サンデル教授が「正義とは何か」には
このような意見を言っている方がいます。

----------------------------------------------
# ハーバードのマイケル・サンデル教授が「正義とは何か」といくら白熱教室をやっても、人に意見を言わせているだけで結論なんかない。

やはり結論を「こうすべきだ」と言っている人のほうが、
今は大事な時代なんだということをもう少し知らなければいけない。

「こうすべきだ」と言う人のほうが、勇気が必要だし、
実際に「これが正しい」と言い切れる人のほうが大事。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。