スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


香川選手の骨折 第5中足骨骨折


02 02, 2011 | Tag,整形外科,骨折,サッカー

先日のアジアカップで、日本代表として大活躍した香川選手が骨折により戦線離脱しました。

香川、骨折!5年半ぶり韓国撃破も大きな代償…アジア杯:日本代表:サッカー:スポーツ報知

記事によると第5中足骨骨折のようです。

第5中足骨骨折には下駄履骨折、Jones骨折という2つの名前のついた骨折があります。

下駄履骨折は、短腓骨筋という筋肉が第5中足骨の根元に付着しているのですが、短腓骨筋の収縮が激しすぎると、こういう骨折になります。
下駄履骨折2
通常、手術しなくてもギプス固定で良く治るとされています。


もう一つのJones骨折は、下駄履骨折とは折れている場所が違います。もっと足の先に近い場所での骨折です。スポーツ選手に多いとされています。
Jones骨折2
この部位での骨折はギプスではなかなか治らないことも多いので、よく手術が行われます。その場合はスクリューやワイヤーを使って治療します。

香川の手術成功、日本のアジア杯V大喜び - サッカー - SANSPO.COM

香川選手は手術治療を受けたようですが、どちらの骨折だったんでしょうかね。Jonesでしょうか。骨折の形態はほんとにいろいろありますから、それとも今回挙げたどちらにもあてはまらない骨折かも。






-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。