スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マンガ 統計学入門


11 02, 2010 | Tag,マンガ,統計学

こういう統計本は今まであまりなかったかもしれません。

今までは平均や正規分布、さまざまな検定の方法についてそこそこ詳しく解説し、それをまとめたような本が多かったのではないでしょうか。

そういう形態はまったくもって正統派で、詳しく説明されているどの項目も統計には欠かせないものでしょう。

しかしながら、統計初心者にとっては木を見て森を見ず的状況に陥らせる危険があります。

その点本書は画期的です。監訳者も言っている通り、狭い範囲を深く知るのではなく、広範囲をざっくり知ることができるからです。

統計に興味を持ったら最初の最初に読むといいと思います。


マンガ 統計学入門 (ブルーバックス)マンガ 統計学入門 (ブルーバックス)
(2010/04/21)
アイリーン・マグネロボリン.ファン・ルーン

商品詳細を見る


タイトルに”マンガ”とあるのですが、イラスト中心で絵だけ追っていけばだいたい理解できるタイプの本ではありません。

変わったイラストと一緒にある程度文字を読むことは覚悟しておいた方がいいかもです。どちらにしろ、サクっと読めます。

独特なイラストがなかなか奇妙な感じで、味があります。



0 CommentsPosted in 統計
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。