スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Review: 虐待における整形外科医の役割


10 28, 2010 | Tag,整形外科,小児,虐待,骨折

最近目を通した論文の紹介。

Child Abuse: The Role of the Orthopaedic Surgeon in Nonaccidental Trauma : CORR - Clinical Orthopaedics and Related Research

以前にも紹介した事のある整形外科における子供の虐待の話題。今アメリカでは子供の虐待への関心が高いのかな。

今回の論文はReviewという形式。

虐待の発見と治療において整形外科医の役割は少なくないということを強調している。

外来に疑わしい患児が来たら、小児科と連携して治療にあたる必要がありますね。

specificity of radiographic findings.

一番の手がかりは皮膚所見だが、骨折の部位も参考になる。

【関連記事】
虐待と骨折 | メタノート





-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。