スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツキの正体


09 24, 2010 | Tag,,ツキ

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)
運がいい人と悪い人って何が違うのでしょうかね。

宝くじが当たるとか、競馬で当てるとか、麻雀で勝つとか。勝敗を競うスポーツなどもそうですが、勝負の世界では必ず運に左右される局面があると思います。

この中でほとんど100%運に影響されるというのは宝くじだけでしょうか。実のところ「運が悪かった」と嘆く多くの場面はただの練習不足で、実力が足りなかっただけということも多いと思います。

しかし、どの勝負にも運に左右される局面があることはたしかです。

例えば、麻雀をやったことがある人なら分かると思いますが、麻雀の配牌は実力ではどうしようもありません。運です。その後どの牌を切って、手を積み上げていくかは自分の力にかかっていますが。

今回読んだ本は、人生の様々な場面で影響を及ぼしてくる”運(ツキ)”についての本です。

著者は麻雀をやる人で知らない人はいないだろうというくらい有名な桜井章一 - Wikipediaさんです。20年間無敗という伝説をもつ人です。

麻雀は実力もさることながら運にも大きく左右されるゲームですから、神がかり的な強さを持った著者の運に対する考え方は興味深かったです。

麻雀で常に勝ち続けるということは打ち方もさることながら、運も味方しているということです。いい運(ツキ)の流れに乗っているということらしいです。

桜井さんはツキを手にするために最も大事なことは”感じる”ことだと言っています。卓の上で起こっていること、さらにはいつも身の回りで起こっていることを敏感に感じとり、直感を信じるのだそうです。
  • あれこれ勉強して頭でっかちになりすぎると、余計なことを考えすぎて間違った判断を下してしまう。
  • ビギナーズラックという言葉があるが、それは本当で、ビギナーはあれこれ余計な知識を詰め込む前だから、素直に直感に従うことができる。
  • 誰にでも運(ツキ)がいい時、悪い時がある。悪い時をいかにして乗り越えるかが勝負を分ける。麻雀なら、流れが悪い時にベタ降りするようでは流れはついてこない。ピンチの時こそ勝負どころと考える。内容の悪い試合よりいい試合をこころがける。
そうすれば、自然と流れが自分の方にやってくるのだそうです。


僕はあれこれ考えすぎて、判断をしくじることがありますので著者の言葉は結構ずっしりきました。もっと直感にしたがって考えるようにしてもいいかなあと。頭でっかちになりすぎず、うまく直感と付き合えるようにしたいものです。

「なんでわたしはこんなに付いていないんだろう」と嘆いたことのある人、読んでみるといいと思いますよ。


ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)
(2010/05)
桜井 章一

商品詳細を見る


0 CommentsPosted in 心理
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。