スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亜玖夢博士のマインドサイエンス入門


08 27, 2010 | Tag,橘玲,脳科学


亜玖夢博士のマインドサイエンス入門
著者の橘玲さんには資産運用、株式投資、経済学とかそのあたりのジャンルについて、たくさんの著作があります。

僕が初めて橘玲作品に感銘を受けたのは、「臆病者のための株入門 (文春新書)」でした。それがよかったので、その後もいくつか彼の著作を読んでいます。

本書はそれらの作品とはだいぶ毛色が違います。

なぜなら、脳科学をテーマにしているからです。

本書は認知心理学、進化心理学、超心理学、洗脳、人工生命の全部で5章からなっています。これらは全て脳の働きと関係があります。

一つ一つの話がそれで完結するのかと思いきや、それぞれのテーマは連続してつながっていき、一冊としてストーリーを形成しています。

オレオレ詐欺やオカルト集団、霊感や超常現象など、それらは特に不思議なものではなく、すべて人間の脳の働きによって理解できるそうです。

正直、小説としてはあまり読んでいて気持ちのいいものではないのですが、最新の脳科学に触れるという意味では敷居が低くていいと思います。

巻末には参考文献リストが載っています。

脳科学に興味がある人は、そちらもあたってみるといいと思います。


亜玖夢博士のマインドサイエンス入門亜玖夢博士のマインドサイエンス入門
(2010/03/25)
橘 玲

商品詳細を見る






-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。