スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「12歳でもわかる!決算書の読み方」


07 26, 2010 | Tag,決算書,会計


12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~
読めるようになりたいけど、思うようになかなか読めるようにならないのが決算書ではないでしょうか。

本書は以前に紹介した「
借金を返すと儲かるのか?」の著者による最近の一冊です。

わたしは会計本をいくら読んでも、実際に決算書を読んでみないことには読めるようにはならないということを実感しています。

ただ、実際に読んでみようにもコツがあるようで、それを会計本を読んで身につけたいと思っています。会計本を1冊読んで、一個でも使える知識が得られたらもうけものという感じです。

細かい用語の解説をした本はたくさんあっても、決算書にたくさん書いてある専門用語のどこに目をつけて、どう解釈すればいいのかを解説した本はそう多くないと思います。だから、なかなか実際に決算書を読んでみる気にならない。

しかし、今日紹介するこの本はちょっと違いました。タイトルに「12歳でもわかる!」と書いてあって、これはいささか誇張されすぎな気がしましたが、たしかにわかりやすいと思った部分もありました。

例えば、貸借対照表の以下の図です。

doc0061_01.jpg

企業の貸借対照表を手にしながら、手順1から5にしたがって読みといていきます。

全体的に右上がりの状態が会社の経営状況としてはいいそうです。

本書の中ではシチズンとセイコーを例に挙げて説明されています。


これを見ながらさっそく私も決算書を読んでみました。わたしが読んだのは、トヨタ自動車【7203】トヨタ自動車(株)と日産自動車【7201】日産自動車(株)です。

日本を代表する企業であるこの2社ですが、実は”右上がり”になっていません。

理想的には”右上がり”がいいのかもしれませんが、業種が違うとそう単純にはいかないのかなと思いました。


今回実際に決算書を見てみたことで、すこし決算書に対するハードルが下がった!?ような気がしています。

本書には他に、”会計テトリス”を使って利益がどうなっているか調べるといったおもしろい方法も掲載されています。

決算書アレルギーの人にとっては読んで損はない一冊かと思います。

【関連記事】
借金を返すと儲かるのか? - メタノート


12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~
(2010/02/19)
岩谷誠治

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 会計
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。