スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


借金を返すと儲かるのか?


07 21, 2010 | Tag,会計,財務諸表


借金を返すと儲かるのか?
タイトルに対する答えは減る、増える、変わらない、の3パターンあって、いずれも正解。


会計(簿記)的に考えると、借金を返せば資産、負債ともに減少するだけなので利益に変化はない。

会計・経営的に考えると、将来の金利負担の減少により利益は増える。

財務・ファイナンス的に考えると、財務レバレッジ効果が減少するため利益は増える。


文章だけではよくわからないこの説明も、本書にある会計テトリスというものを見るとわかってきます。

本書は財務諸表そのものを十分に読み解くというものではありません。在庫が経営に与える影響など、財務諸表を利用して会社のお金の流れなどを感覚的に理解するという内容になっています。

財務諸表は見るだけでアレルギー反応を起こす人も多いようです。私もその中の一人ですが、株式投資をするために会計の知識を得たいと思っています。

この本の著者は会計士であり、会計知識のビジネスへの応用を指導している方。なかなか説明がわかりやすいと思いました。


借金を返すと儲かるのか?借金を返すと儲かるのか?
(2009/06/23)
岩谷 誠治

商品詳細を見る



次は、最近の著作である「12歳でもわかる決算書の読み方」という本を読んでみたいと思います。



0 CommentsPosted in 会計
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。