スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RSSを使っていない?それはもったいない


07 16, 2010 | Tag,知的生産,論文,RSS

RSS(RSS - Wikipedia)がどういうものなのかを後輩に解説していて思った。

もしかしたらRSSのことを知らない医者、ビジネスマンってたくさんいるんじゃないだろうか。少なくとも僕が働いている職場では、どうも知っている人はいなさそうなのである。

だから今日はRSSのこと、僕のRSSの使い方をちょっと書いてみる。


僕はGoogleリーダーGoogle リーダーを使っている。

これにいつも読んでいるブログやニュースを登録してだいたい毎日目を通している。

中でも登録しておくとすごく便利なのは”論文”だと思っている。

僕はNEJMやLancet、他には整形外科関連の論文をいくつか登録して、更新したら目を通すようにしている。


通常は珍しい症例のこととか、この現象は新しいことなのだろうか、とか疑問に思ったら積極的に答えがありそうな論文を探す。

しかし、そういう疑問解決型の論文検索だけでなく、自分が関わっている分野のトピックスを押さえておくために、普段から論文に目を通しておくことは必要だと思っている。


そういう時に役立つのがRSSだ。購読したい論文を登録しておけば、新しい論文が発表されたら自動的に教えてくれるのである。

論文購読にRSSを利用するためには、個人でその論文を有料購読するか、所属する病院がe-Journalを購読している必要があるのだが、それさえクリアできていればすごく便利な機能だと思う。

図書室に足を運んで、紙の雑誌をパラパラめくるのもいいんだけど、正直それはめんどくさいでしょう。

RSSで届いたサマリーにざっと目を通して、興味を持った論文だけきちんと読む。これならめんどくさがりな僕にもぴったりの方法だった。


論文じゃなくても、気になるブログやニュースサイト、なんでも定期的にそこから情報を収集したいと思う事柄はRSSに登録しておくと思わぬ見逃しがなくなっていいんじゃないかと思う。

いまさらですが、RSS利用のすすめでした。




0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。