スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな時代だから、”ニーチェ”


07 12, 2010 | Tag,ニーチェ,名言


超訳 ニーチェの言葉
「ツァラトゥストラはかく語りき」や「人間的な、あまりに人間的な」などなどニーチェの作品から名言を書き抜いた一冊。

ニーチェ(フリードリヒ・ニーチェ - Wikipedia)というと、難しいイメージがあるかもしれない。たしかにその哲学をじゅうぶん理解するには一筋縄ではいかなそう。

ただ、彼が残した言葉の数々はいろいろと示唆に富んでいます。

本書はそんなニーチェが残した言葉を紹介しています。

特に僕が気に入った言葉が3つありました。心に響いた言葉。


人間であることの宿命
この生の時間の中で多くの体験をしたあげく、わたしたちは人生を短いとか長いとか、富んでいるとか貧しいとか、充実しているとか空しいとか判断している。

しかし、自分の眼がどこまでも遠くを見ることがないように、生身の体をもったわたしたちの体験の範囲と距離は、いつも限られているのだ。耳も、すべての音を聞くことはできない。手も、すべてのものに触れることはできない。

それなのに、大きいだの小さいだの、固いだの柔らかいだの、と勝手に判断している。さらに、他の生き物についても勝手に判断している。つまり、最初から限界があるのに、自分たちの判断が間違っているかもしれないということに気づかないでいる。これが、人間であることの大小さまざまの宿命なのだ。



精神の自由をつかむためには
本当に自由になりたければ、自分の感情をなんとか縛りつけて勝手に動かないようにしておく必要がある。

感情を野放しにしておくと、そのつどの感情が自分を振り回し、あるいは感情的な一方向にのみ顔と頭を向けさせ、結局は自分を不自由にしてしまうからだ。

精神的に自由であり、自在に考えることができる人はみな、このことをよく知って実践している。



若い人たちへ
自由な高みへときみは行こうとしている。しかしながらそういうきみは、若さゆえに多くの危険にさらされている。

しかし、わたしは切に願う。きみの愛と希望を、決して捨て去ったりするな、と。きみの魂に住む気高い英雄を捨てるな、と。

きみの希望の最高峰を、神聖なるものとして保ち続けてくれ。



いい言葉は時代を超えるのだなと実感しました。

この本には、人間、生き方、自己、心、愛、世の中などなどのテーマについてたくさんの名言が収載されています。


超訳 ニーチェの言葉超訳 ニーチェの言葉
(2010/01/12)
白取 春彦

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in 文学
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。