スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「もしドラ」は意外なほど胸を熱くしてくれる 


06 24, 2010 | Tag,マネジメント,ドラッカー

野球部の女子高生マネージャーがドラッカーの「マネジメント」と読んで、野球部を甲子園に連れていこうという物語。

ドラッカーの本は僕も好きなので、よく読んでいる。しかし、僕がいつも直面する問題は、企業の経営者でもない読者がどうやってマネジメントの知識を自分の身の回りに応用するかというものだった。

本書にそのヒントを求めて、読んでみることにした次第。



本書には物語にあわせて、「マネジメント」からの引用がある。

野球部にとっての顧客とは誰なのか、野球部におけるマーケティングとは、個々のメンバーを生かすための競争、責任、フィードバックといった、なるほどこういう応用の仕方があるのかといったものが参考になった。

当然、フィクションだから実際はこの物語のようにはいかないに決まっている。それでも、考え方という面で参考になった。組織の一員である僕も主人公みなみのようにマネジメントをやってみたいという気になった。



もうひとつ、本書のいい点は、純粋に物語としてのおもしろさにある。

僕はこの「もしドラ」を初めて電子書籍として購入し、電車やバスの中などちょっとした移動の空き時間にiphoneを使って読んでいた。

公共の場にも関わらず、不覚にも読んでいて涙があふれてきた。それくらい感情移入しやすく、話としておもしろいと感じた。

それほど意外な展開というわけではなかったのだけど。。最近涙もろくなったのかな。



本を読んで涙が出るなんて久しぶりの経験だったので、まだ本書を読んでいない人はぜひ読んでみて感動を共有してほしい。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

表紙がなんとも近寄りがたのだけど、中身はおもしろい。


iphone、ipadで読める電子書籍版はコチラ↓から
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。