スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医療経済学3


07 18, 2008 | Tag,医療,医療経済学,処方箋

読書記録

まだ続きます。


病院で貰う処方箋について(院内処方と院外処方)

みなさん、病院で処方箋(薬の引換券のようなもの)を貰うとき、院内処方とというのと院外処方というのがあるのをご存知ですか?

患者さんからすると、院内処方の方が受診した帰りにすぐに病院内で薬がもらえるので便利と思うかもしれませんが、今、病院は院内処方をなるべく減らすように変わってきています。

院内で処方をすると、それだけ人件費などのコストがかかります。
患者さんにとっても、外来で待って、薬を貰うときに待って、と待ちくたびれる原因となります。

なので、普通の大きな病院では院外処方が主流になっています。


この医薬分業の流れは、欧米ではとっくに一般的になっている制度です。



やさしい医療経済学 第2版やさしい医療経済学 第2版
(2008/04/07)
大内 講一

商品詳細を見る


0 CommentsPosted in 医療
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
WEBの情報缶!07 18, 2008

楽天から検索された商品アメリカの高校生が学ぶ経済学¥ 2,520オススメ度:★★★★原理から実践へ 著者:ゲーリー・E.クレイトン/大和証券株式会社出版社:WAVE出版サイズ:単行本ページ数:369p発行年月:2005年09月原…ヤバい経済学¥ 1,890オススメ度:★★★★悪ガキ...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。