スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


批判的に考えるために 「論理的に考える方法」 


05 25, 2010 | Tag,ロジカルシンキング

論理的に考える方法―本質への筋道が読める (光文社知恵の森文庫)
見たこと、聞いたこと、読んだことはまずはじめに受け入れることから始めようという意見もあります。

それも大事だとは思いますが、書いてあることが果たして本当に正しいことなのか、妥当なものなのかを判断する力も必要だと思います。

相手の言う事を批判的に聞ける力を身につけることができれば、自分の主張も批判に耐えられるようなものになるのではないかと思います。

そうは言ってもどこに着目して批判的に考えればよいのでしょうか。

批判的に考えるためには、(発言者・筆者などが)ようするに何を言いたいのか、その考えを見極める、それを支えるもの(詳細な根拠)が何かを見極めることが必要になります。

そのためには、文章の構造を見ぬくことが助けになります。

たしかに言いたいことや、根拠がはっきりしないような文章もあります。それはそれで、「言いたいことがきちんと書かれていない」とか「根拠がない」とか、そういう文章なのだとわかることが大切です。

論理的にわかりやすい文章は、主張理由(根拠)事実と3つの要素からなっています。主張があって、その理由があり、それを支える事実があるというような構造です。

批判的に考える場合は、その3要素に注目すると、考えやすいです。

この構造は自分が何かを主張する場合にも気をつけて取り入れた方がいい構造ですね。



なかなかこのような批判的な読み方が体に染みつくまでは時間がかかりそうです。意識しないといつも通りの読み方に戻ってしまいそうです。

私の場合、まずは新聞やブログを読む時から練習してみようかなと思っています。


論理的に考える方法―本質への筋道が読める (光文社知恵の森文庫)論理的に考える方法―本質への筋道が読める (光文社知恵の森文庫)
(2007/08)
小野田 博一

商品詳細を見る


【関連記事】

自分で文書を書くときに気をつけたい文章構造について
論理とか難しそうでイヤだなという人には



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。