スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレッシュマンにおすすめ 「ハイコンセプト」


04 12, 2010 | Tag,ダニエルピンク,大前研一

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
著者はアルゴアの元スピーチライターで作家のダニエル・ピンク(Daniel Pink)さん。訳者は大前研一さんです。

フレッシュマンに、というのはこの本が未来に必要とされるのはどのような人なのかを予想しているからです。内容は奇抜なものではなく、とても受け入れやすいです。まずはこれを受け入れて、未来に最適化していくのがいいのではないかと思いました。準備は早ければ早い方がいいですよね。


さて、本書の内容です。

社会は以下のように変遷してきました。

第一の波:農耕社会
第二の波:産業社会
第三の波:情報化社会

ここまではいいのですが、これからの時代は次の第四の波がくる、いや、きているそうです。

第四の波:情報化社会からコンセプチュアル社会、つまり、既成概念にとらわれずに新しい視点から物事をとらえ、新しい意味づけを与えていくという流れ。創意や共感、そして総括的展望を持つことによって社会や経済が築かれる時代、すなわち「コンセプトの時代」。

第四の波にうまく乗るためには、”ハイコンセプト”が必要というのが本書の主張です。

ハイコンセプトとはパターンやチャンスを見出す能力、芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力、人を納得させる話のできる能力、一見バラバラな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力です。

答えのない問題に対処する力、それが求められていると。そのために必要な力があるそうです。


これから求められる6つの感性(センス)は
  • 機能だけでなく「デザイン
  • 議論よりは「物語
  • 個別よりも「全体の調和
  • 論理ではなく「共感
  • まじめだけでなく「遊び心
  • モノよりも「生きがい
です。

どちらかというと、右脳的な能力です。論理を重視する左脳的な考え方の上に、これらのセンスを身につけておくのがいいと。


今回僕が個人的に特に参考したのは、3番の「調和(シンフォニー)」です。

シンフォニーとは、バラバラの断片をつなぎ合わせる能力です。「分析する」というより「統合する力」であり、「一見、無関係に思える分野に関連性を見出す力」、「特定の答えを出す」というよりも「広範なパターンを見つける力」、そして誰も考えなかったような要素の組み合わせから新たなものを創造する力」と説明されています。

シンフォニーの一つに”比喩”があります。なかなか気の利いた比喩を言うのは難しいものです。比喩がうまくなるためには、うまい比喩に出会ったらそれを書き留めておくといいそうです。僕はひとまず本書のアドバイスにしたがって、見つけたらメモしていこうと思います。


ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。