スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【本】ゲーム理論の思考法


03 16, 2010 | Tag,囚人のジレンマ,ゲーム理論,戦略的思考

ゲーム理論の思考法
下に書いてあるのははゲーム理論の入門書「戦略的思考とは何か―エール大学式「ゲーム理論」の発想法の一節だそうです。

戦略的思考とは、相手がこちらを出し抜こうとしているのを承知した上で、さらにその上をいく技である。

こういう思考法というのは、交渉を有利に進めていく上で大いに役立つと思います。MBAの授業なんかでも教えられているらしいです。ビジネスパーソンにとって知っておいて損はない思考法なのでしょう。


囚人のジレンマはゲーム理論の代表です。

内容は囚人のジレンマ - Wikipediaに詳しいです。

簡単に言うと、囚人Aと囚人Bがお互いに自分の利益を最大限にしようとしてとった行動が、二人同時に最大利益を満たすような行動にはつながらないというものです。これがジレンマと呼ばれるゆえんです。


今日紹介する本の中には囚人のジレンマ以外にも、コーディネーションゲーム、チキンゲーム、ホテリングゲームといった興味深いゲームが紹介されていました。なぜ駅前にラーメン屋が集中するのかというのはホテリングゲームで解説されているのですが、なるほど納得といった具合でした。


囚人のジレンマは二国間における核開発の問題とか環境問題なんかに応用できるみたいなんですね。他にも日常生活で応用出来る場面があるとのことです。ところが、自分で応用しようと思っても使いこなすのが難しい。

例えば囚人のジレンマを使って考えるときには、2×2の表を作りますね。
5243-412664eb4fd88e9a.png
実際にはこの時の点数付けが難しいんじゃないかと思うんですよね。だから、なかなか日常生活で応用することができない。

でもゲームの種類や構造がわかるだけでも相手の出方を知るのには役立つと思います。ゲーム理論は今後も勉強していきたいと思うテーマですね。

ゲーム理論の思考法ゲーム理論の思考法
(2009/09/01)
川西 諭

商品詳細を見る




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。