スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロジカルシンキング入門 「考える力」


02 24, 2010 | Tag,ロジカルシンキング

今日の一冊は、わかったようでわからない、身についたようで身につかない、ロジカルシンキングについての本です。

考える力 (イノベーションクラブBook)
著者はコンサルタントとして、企業向けに定額制社員研修サービスなどを行われている方です。トーマツイノベーション株式会社の代表取締役です。


今までのロジカルシンキング本では、例えばロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)問題解決プロフェッショナル「思考と技術」などが有名です。

これらが標準書なら、本書は入門書です。

難しい言葉は一切使わずに「課題発見」、「解決策」、「実行」、「検証」というプロセスを学ばせることを目的にしていると思います。

ポイントの一部を挙げると、
  • 「なぜ」と問いかけるクセをつける
  • メリット・デメリットに分けて考える
  • 3つにまとめる(類似点を探し出して複数あるアイデアを少なくまとめる)
  • フレームワークを利用して思考にいかす
などです。

いつでもどこでも「なぜ」と問いかけることで課題発見を行う。
解決策を考えるためには課題に対して「なぜ」と問いかける。
散財しているアイデアを少なくまとめる。
PDCAとか、マーケティングの4Pとか、フレームワークを利用する。

ちょっとしたことなんですけど、意識付けが必要でしょう。本書にはこうした思考訓練のための練習シートが付録としてついています。買った人はそれを使って練習するといいかもしれません。

個人的にこの本を読んで、自分に足りないなと感じたことは、「紙に書いて考える」と「人に説明し意見交換する」というものでした。

頭の中だけで「なぜ」の問いかけを繰り返しても、いつの間にか思考が停止していることがよくあります。紙に書いて考える事の重要性を再認識しました。

「人に説明し意見交換する」というのはアウトプットすることで、考えを整理、ブラッシュアップするといういわゆる検証の過程です。会話ではなかったとしても、ノートやブログなど一旦何らかの形で脳の外にアウトプットする。もう少し意識的にやろうと思います。


次のステージへはコチラから

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子岡田 恵子

商品詳細を見る
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
(1997/01)
齋藤 嘉則グロービス

商品詳細を見る



【関連記事】


考える力 (イノベーションクラブBook)考える力 (イノベーションクラブBook)
(2009/10/17)
イノベーションクラブ

商品詳細を見る


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。