スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Evernoteは試験対策に微力!? 


02 22, 2010 | Tag,記憶,勉強法,EVERNOTE

徹底的に暗記したいならキーボードから離れた方がいいですよ。

私はEvernoteユーザーです。愛用してます。Evernoteは外部脳として働いてくれる優秀なやつです。このエントリーはEvernoteを否定するものではありません。

タイトルに書いた試験対策というのは主に直前の勉強を指しています。試験中は何も参照することができませんので、ひたすら自分の脳内に記憶を蓄積させておく必要があります。年をとってくるとだんだん記憶力は衰えてくるもの。私もその例外でなく、記憶力減退を実感するときがあります。昔は試験勉強する時、パソコンなんか使うことありませんでしたから、覚えたいものは手でひたすら書きながら暗記していました。


普段私はEvernoteというソフトを使って、メモも含めてなんでもそれに記憶させるようにしてます。自分の頭の中以外にもうひとつ脳を持つ感じです。目にしたものすべてを覚えることは困難ですし、そもそもその必要はありません。大事なことは知りたい情報に素早くアクセス出来ることだと思います。その点Evernoteは優秀なのです。文字入力はもちろん、ネット上で気になった記事や画像を簡単にクリップできます。iphoneとの互換性がいいのも重宝している理由です。


しかし、ここで気を付けておきたいのは外部脳はあくまで外部脳であるということです。状況によっては外部脳にアクセス出来ない場合があるため、自分の脳の中に記憶させておかないといけないのです。例えば資格試験のとき。勉強したことをまとめてEvernote上に記録しておいたとしても、それは自分の記憶になっているとは限りません。キーボードに入力する作業と自分の手を動かして紙に各作業は根本的に違うと思います。試験で好成績を残すためには、Evernote上の記録を自分の脳に移し替える作業が必要になるということです。使い方の問題です。普段勉強したことをEvernoteにまとめて、それをプリントアウトして直前の勉強に使う、こういう使い方ならいいんだと思います。


記憶を強化するためには、「繰り返す」ことです。教科書などに何度も目を通せば記憶は強化されます。紙に書いて覚える作業もあなどれません。記憶は五感をフルに使った方が強化されるのです。特に自分の手を動かして何度も紙に書きなぐったり、声に出して読んでみたりなどの作業はデジタル時代においても強力な学習効果アップをもたらすと思います。

「紙に書くなんてしなくても簡単に覚えられます」という人もいるでしょう。そういう人は置いといて、暗記したいことがあったらキーボードを離れて紙に書く、という作業を私はおすすめします。




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。