スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医師の給料は高い?安心の担保をどう確保するか


02 18, 2010 | Tag,学歴,コラム

なかなか刺激的な記事です。みなさんはどう考えますか?

金融日記:なぜ理系の秀才はみな医学部に行くのか? ―標準的ファイナンス理論からの考察―


金融市場に健全な流動性をもたらす仕事と、人の命を救う仕事、どちらにも優劣をつけられるものではない。

立場が変われば意見も変わるでしょう。僕は医師の立場から考えています。



おそらくこのブログ記事が提案するように医師の給料を減らしたら、医師の低学歴化は進む。

たしかに成績のいい学生が、年収と、クビ切りのない安定した職業という点から医学部を目指すということはよくあるのだ。実際に医学部に行くとそういう声もちらほら聞こえる。なかなか体面上そのような本音は言いにくいだろうが。



特に僕が思ったのは、仮に医師の低学歴化が進んだとして、それで国民はいいのか、満足するのかということ。外来にくる患者は、正確な診断を求めてくるというのももちろんだが、安心を求めにやってくるという面もある。

安心はどこで担保されるのだろうか。

ある程度学歴というものが効いていそうな気がする。

見ず知らずの医師に自分の命を託すとする。
ちょっと極端だが、
「遊びはあまりだけど、勉強は真面目にやってきました。」
という集団と、
「勉強はあまりだけど、遊びは相当やってきました。」
という集団、どちらの医師に命を預けたいか。

僕だったら、勉強を真面目にやってきた人を、無難に選択する。

医師に求められる診断、治療といった問題解決能力。これを期待できるのは、他に有用な評価尺度がない今の時点では学歴保有者の方じゃないだろうか。




0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。