スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッシュカードが盗難されてもあきらめないこと 


02 12, 2010 | Tag,法律,キャッシュカード,預金者保護法,FP

キャッシュカードが偽造されたり、盗難されたりして、あなたの預金が勝手におろされた時に役に立つかも、というお話です。あんまりないかもしれませんが。。というかないことを祈ります。


”預金者保護法”という法律があります。

この法律は被害を受けた預金者に過失がなければ、原則として金融機関が被害を全額補償するというものです。

泣き寝入りすることはないということです。



過失の種類は重過失その他の過失過失なしと3つに分けられます。



過失なしの場合は偽造カードであっても盗難カードであっても全額補償です。



重過失というのは、
  • 他人に暗証番号を知らせる
  • 暗証番号をカードに書く
  • カードを安易に第三者に渡す
というもの。

ちょっと警戒していればどれもやらなそうですが。。

これら重過失の場合は偽造カードでも盗難カードでも一切補償されません。気をつけてください。



その他の過失というのは、例えば暗証番号を書いた紙を一緒に財布の中に入れておいたとか、そういうものです。

この場合は偽造カードの場合は100%補償されますが、盗難カードの場合、75%しか補償されません。考えようによっては75%もという感じでしょうかね。



実際には、「過失なのかどうか」、「過失の程度は?」といった認定が難しそう。

知っておくとちょっとは役立つかもしれない法律の話題でした。

2 CommentsPosted in FP
-2 Comments
By Perry_Rhodan02 13, 2010 - URL [ edit ]

昨年、自転車の前かごに財布の入ったバッグごと、
自転車が盗まれ、1ヶ月後に、カード類や現金の盗まれた財布が
見つかりましたが、財布の中のカード類は、安全のために、
金融機関に連絡をして、一時停止させたが、再発行で、
合計で15000円もかかってしまいました。
不正利用の形跡は無かったようですが、怖いですね。

By flowrelax02 13, 2010 - URL [ edit ]

Perry_Rhodanさん、コメントありがとうございます。

それはお気の毒でした。

カード再発行のコストは考えていませんでした。
15000円ですか。それは痛い。

キャッシュカードは現金なしで買い物できたり、傷害保険が付帯していたりと嬉しい面もある一方、取り扱いには気を付けたいですね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。