スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医師の労務管理にもタイムカードはあった方がいい


01 30, 2010 | Tag,医師,労働,労働時間,時間外労働,ニュース

全てというわけじゃないけど、今だにタイムカードのない病院がある。
中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は27日、過重な労働が問題となっている病院勤務医の負担軽減策について、タイムカードで勤務時間を把握するなど労働環境整備の要件をまとめ、2010年度診療報酬改定から導入することで合意した。
(中略)
勤務医の労働環境整備の要件は、一部の報酬加算を受け取るための前提。改善に努めた病院に手厚く配分する狙いだ。
(中略)
 要件は(1)勤務時間を客観的指標で把握(2)勤務状況の改善提言を行う責任者を配置(3)負担軽減計画の策定に当たる委員会を設置(4)同計画を厚生局に提出(5)目標の達成状況を年1回報告―の5点。報酬加算には全要件を満たさなければならない。

僕はこの案を支持する。

同じ医者でも雇う側と雇われる側では意見が異なってくるんだなあと思った。それを端的に表しているのが以下のご意見。


インセンティブを設定するにしてもこれでは「手厚い配分」を受けられるのはもともと人員にゆとりがあって環境整備が容易な病院であって,本当にスタッフが少なくて法令遵守したくてもできないようなところは恩恵にあずかることはできません。

その通りだと思いますね。今の日本でも医師の数が足りていない場所はたくさんある。そんな地域ではやむなく時間外労働をせざるを得ない。というか、医療過疎地域じゃなくても医師の労働環境は時間外労働のオンパレード。

個人病院なんかでは院長自ら時間のことは気にせず働くんだろうな。それなのに報酬加算の面で他院より冷遇されるのはおもしろくないかもしれない。これは雇うほうの立場ね。



でも立場が変わって雇われる方からしたらどうだろう。

医師も労働者というのが僕の意見なので、院長などの経営者以外は労働者としての権利が保護されてしかるべきだと思っている。

もともと医師の多くは患者のため、自分の腕を上げるためと時間外勤務に対する批判を声高には主張していなかったように思う。

時間外手当がいっさい出ていない病院にあっても、「ウチは年俸制だから時間外給料は払いません」という病院側の主張を信じていたり、うるさく主張して病院経営者から所属科部長を通じて圧力をかけられたり。目立ったことをして面倒くさいことに関わるのも嫌だしと泣き寝入りしていたり。

医師があまり主張してこなかったのをいいことにこうした不当な労働環境が横行していた。というかしている。今も。



誤解のないように言っておくが、時間外労働を一切廃止しろと主張しているわけではない。時間外労働をなくすのは無理。患者を切り捨てるようなものだ。

そうではなくて、必要に応じて時間外に働いたんだったら、その労働への対価は払うべきだということ。そのためにはタイムカードがいくらか有効だろう。

タイムカードを作って勤務時間を管理することは安全面からも必要なことだ。

もし時間外に勤務をしていて、事故を起こしたらどう処理するのだろう。勤務実態のない医師が事故を起こしているのに。



勤務時間をきちんと管理して、適切な労働環境の維持に努める。病院という組織もこうあるべきなんじゃないかな。

だから、今回の発案は現状改善への一歩であると思うのです。



-2 Comments
By Dr.Pooh01 30, 2010 - URLedit ]

はじめまして。
ご指摘を頂いて改めて読み返してみると,仰るように被雇用者としての視点に欠けていたようにも思います。
労働基準法に定められた労働条件を守って適正な報酬を支払うことは当然と考えています。タイムカードの設置も当然なされるべきです。ただ問題はこういう形でインセンティブを設定することがほんとうに労働条件を改善するのだろうか,というあたりかと思います。

By flowrelax01 31, 2010 - URL [ edit ]

こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。

金銭的なメリットから考えるとあえて加算は受け取らないようにするとか、いくらでも抜け道はありそうです。

しかし、診療報酬加算というふうに、公に制度として設定されると、それを受け取っていないということが労務問題に真剣に取り組んでいないという証になるのではないでしょうか。

大きな病院ほど、建前を重視する傾向にあると思うので、今回の発案は意味があるのではないかと。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。