スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知っておいた方がいい投資の落とし穴 「外国為替はこう動く」


01 22, 2010 | Tag,為替,資産運用,株式,FP

今日はお金を効率よく増やすための話。

外国為替はこう動く
紹介する一冊はタイトルに外国為替と書いてあります。もちろん、今後の外国為替がどう動くか予想するうえでも役に立ちますが、為替に限らず株式投資をどう考えるかという点でも参考になります。


短期はやめといた方がいい

株式や債券を利用した資産運用。やっぱり短期で売買するようなことはやめておいた方がいいです。
短期ディーリングで優位に立つ条件
  • 相場に影響を与えるニュースに即座に反応し、持ち高を操作できる。
  • 高い顧客取引のシェアを有し、とくに、相場を変動させる大口の顧客取引に接する頻度が高い。

それはそうでしょう。市場は常にいろんな情報に敏感に反応して上がり下がりしています。

日銀の総裁がこんなこと言った、とか財務大臣があんなこと言ったとか、そんなことで円が上がり下がりすることが最近もあったと思います。政府の政策とも密接につながっているのですね。

だとしたら、こういう情報をいち早くキャッチすることが相場を予想する重要なカギです。一般人じゃ難しそうです。

また、相場を動かせるくらいの大金を動かす顧客と付き合いがあれば有利です。相場の動きを最も早く予想することができるから。


投資が難しいのはあてにしていた誰かの予想があたっていたとしても、自分がそれを知った時にはもう遅いということです。

気づいた時にはすでに遅し。予想を反映した相場になってしまっているのです。このあたりが天気予報と違うところです。

インターネットが発達して情報格差が著しく減った現在とはいえ、プロのトレーダーに勝てるわけがありません。少なくともそう思っておいた方がよさそう。

短期ディーリングでは一般人は有利な立場に立てないということです。



超長期保有も危ない
高金利通貨に投資しても、高金利の分(=金利格差)は長期的には、為替損で帳消しとなり、低金利の円に投資した場合と同じ結果になってしまうという原理が、外為市場では働いている。

これは僕の疑問をひとつ解消させてくれました。

金利が高い外貨にどうしても惹かれやすいと思うんですね。でも、長い目で見ると外貨に変えた時よりも円高になっていることが多く、金利で稼いだお金は円に戻すときに相殺されて消えてしまうというのです。

例えば、金利3%の外貨を1ドル100円の時に買っても、時間がたって1ドル90円とかになってて、その時に換金する必要が出たら悲しくなってしまうということです。

短期ディーリングでは儲からないってさっき書きましたけど、長期保有しすぎてもダメということですね。売るタイミングが大事なようです。



下落相場で買う

投資をする時に常につきまとう不安は、今後もさらに相場が下がり続けるかもしれないということです。

例えば株式投資。

日経平均も2009年3月に7000円付近で底値となりましたが、あの時、さらに値が下がるかもしれないと考えていても不思議ではありません。

下落局面ではいつ買うかが問題になると思います。

日経平均が10000円を切りました、9000円を切りました、8000円を切りましたとマスコミが騒ぎ始めたら、一緒になって不安感に包まれるのではなく、株式投資での資産運用を考える人にとってはチャンス、と考えた方がいいです。

持ち金のどれくらいを投資に費やすか、これはけっこう切実な問題です。

例えば日本の株式。日経平均8000円で大不況だと騒いでるようなら、投資用の軍資金の3分の1くらいを買いに回してみたらどうでしょうか。

全部つぎ込むのは怖いですものね。まだまだ下がるかもしれないし。

さらに7000円とかに下がったら、その時また3分の1投資してみればいいんじゃないかな。



そうそう、リスクを分散させておくことも忘れずにね。

外国為替はこう動く外国為替はこう動く
(2009/09/12)
国際通貨研究所

商品詳細を見る





-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。