スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュータイプの犯罪者たち 「"職業”振り込め詐欺」


01 20, 2010 | Tag,犯罪,振り込め詐欺

一時期よりは騒がれなくなったでしょうか、振り込め詐欺という言葉。昔はオレオレ詐欺とも言ってました。

電話を使い、巧妙な手口で私たちの家族からお金をだまし取っていきます。



職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)
(2009/10/03)
NHKスペシャル職業”詐欺”取材班

商品詳細を見る
被害者の心境は想像するに余りあるんですが、本書を読んで興味深かったのは犯人達の背景や心理です。

振り込め詐欺は集団で行われます。主犯格は捕まらないようにピラミッド形式で部下を配置し、自分は決して表舞台に立ちません。ATMにお金をおろしに行くのが最も下っ端の人間です。

彼らは捕まらないように様々な工夫をしています。なかなか手が込んでいます。この工夫を社会のために生かせたらいいのにと思うのですが、彼らの心情はそんなに単純ではありませんでした。



ある主犯格は学歴社会から落ちこぼれ、その劣等感から卑屈になり、拝金主義者になっていきます。そこで手っ取り早くお金が手に入る振り込め詐欺という犯罪に手を染めてしまいます。

有名大学を出て、有名企業に勤めたにもかかわらず会社の経営が悪化し、早期退職。そんな時に実家が破産。こうして社会に対して逆恨みを持つようになり、振り込め詐欺の道に進んだ者もいました。

犯人の中には早稲田の大学生もいました。この犯罪者は仲間と一緒にいたかったという動機を持っていました。金というより、誰かとつながっていたかったのです。



彼らは一度エリートの道を歩んでいますが、挫折を経験しています。挫折が劣等感を生み、劣等感が思考を歪めています。

目の前にあるお金という現実が物事の価値を測る絶対的な存在であると勘違いしていきます。

同級生が一流企業に勤めて、ビジネスライフを謳歌している時に、挫折した自分は存在価値を示すために、お金を持つしかないと考えるようになるのです。

この気持ち、わからなくはないですが方法が間違っています。



こういう犯罪に手を染める人たちに罪の意識はまったくないのかというと、そうでもない。いけないことをしていたという自覚はある。それでも人を犯罪に駆り立てる心理は異常としか言えません。

劣等感や疎外感で埋め尽くされて、救われようがないと、手っとり早く欲望を満たしてくれるお金というものに飛びついてしまうのでしょうか。



いずれにしろ、振り込め詐欺はこうした人間の弱さにつけいって広まった詐欺手法のようです。

劣等感、疎外感がいとも簡単に人を犯罪に走らせてしまう。人間って弱いものなんだと思ってしまいます。



この振り込め詐欺、一時期よりニュースに登場する機会は減ってきましたが、壊滅しているわけではありません。いまだ検挙率の低い犯罪の一つです。私の母親もそれっぽい電話がかかってきたことがあると言ってました。他人ごとではないですね。気をつけましょう。


本書は振り込め詐欺の実際というより、著者の努力により犯罪者心理がよくわかる一冊になっています。取材とか大変だったんだろうなという苦労が伝わってきます。追い詰められた人間の心理にも通じるところがあり、興味深く読めますよ。


職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)
(2009/10/03)
NHKスペシャル職業”詐欺”取材班

商品詳細を見る




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。