スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思考癖を自覚して正しく考える 「考えることの科学」


01 07, 2010 | Tag,論理,思考力,考えること,総意誤認効果,自己評価の誤認,認知的不協和理論

考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書)
今日の一冊は心理学の先生によるもの。著者は大学で教鞭をとられている方です。

以前に書いた正しく考えるためにと同様、前件否定の錯誤や後件肯定の錯誤なども出てきます。本書ではさらに「正しく考える」ときに邪魔になるバイアスのことなどにも触れられています。これは行動経済学の話でもよくでてきます。

今回私は本書の中にでてくる、社会心理学に関連した3つの効果を覚えておくといいと思いました。

  • 総意誤認効果
  • 自己評価の誤認
  • 認知的不協和理論

総意誤認効果

例で示すと、タバコが好きな人は、タバコが嫌いな人に比べて、より多くの人間がタバコ好きだと推測しやすいというものです。

自分が行っていることは、きっとみんなも行っているはずだと思ってしまう傾向。思い当たる節があるのではないでしょうか。

私が本を読むのが好きだからといって、みんなもそうとは限りません。思ったよりも本好きは少ないかもしれませんよね。



自己評価の誤認

自分の位置を推測すとき、自尊感情を守る方向に流れてしまうというものです。
  • 自分はリーダーシップを平均以上に発揮できている。
  • 自分は他の人より他者とうまくやっていくことができる。
  • 自分は思ったより仲間に好感をもたれている。
などなど。

こういう思いこみは時々自分自信にもあてはまるな、と。反省しました。謙虚さは大切ですね。



認知的不協和理論

すでに車を買った人が、買ったあとに自分の車の広告を見るか、他の競合車の広告を読むかを調べた研究があります。

競合車の広告を読めば、その良いところがいろいろ書いてあるので、自分がそれをもっていないことと不協和を起こす可能性が高い。そこで、むしろ自分の買った車の広告を見るほうが多くなるというものです。

要するに、人は自分の考えに合っていることや、自分に都合のよいことに向かって積極的に情報収集をし、都合の悪い事は直視したがらないものなのです。

これも無意識に自分がおこなっていたことだったのでびっくりしました。名前のついた理論になっているのですね。



総意誤認効果、自己評価の誤認、認知的不協和理論。

気に入ったものを3つピックアップしてみましたが、本書の中にはハッとさせられる推論の落とし穴がいろいろと書いてあります。論理とかそういうのが好きな人はぜひどうぞ。

考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書)考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書)
(1997/02)
市川 伸一

商品詳細を見る


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。