スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年からスタートダッシュをかけるために 「研究者の仕事術」


01 02, 2010 | Tag,研究者,仕事術,留学

ひさびさの仕事本です。
一年の計に仕事術の見直しはいかがでしょうか。

やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論
著者は大学を卒業後、10年間臨床医として働き、その後ハーバード大学に留学。
そのまま米国に残って基礎医学の研究者になられた方です。

医師という自分の経歴と近い人の仕事本を読む機会はあまりないので、新鮮でした。
近いといっても日本での安定した仕事を捨てて、研究者としていばらの道を進んでいる著者と私とでは全然違います。
ただ、感じたのは医師としてのキャリア形成もビジネスマンのキャリア形成と大差ないのではないかということでした。

日本の医師の世界では、大学を卒業し、臨床をすこしやった後、大学院に進学。
そして、基礎医学の研究のため海外に留学する。
これがいわゆるエリートコースのようになっています。
留学すれば、経歴の上ではハクがつきますし。
留学後は再び臨床医として仕事を始めます。

著者が選んだ道は、そういったいわゆるエリートコースとはすこし違います。
臨床医をやめて基礎医学の研究に専念しているのです。

大学を卒業して10年たってから留学しているわけなので、留学時の年齢は30歳を超えています。
この年齢でハーバード大学に留学し、研究者としての業績を残しているのはすごいと思います。



一貫して主張しているのは自分の強みをいかして、ニッチな分野でもいいから一番を目指すことです。
欠点をなくすように努力するよりは強みを伸ばすことに力を注ぐと。

研究者ならではの発言?
いや、全てのビジネスパーソンに言えることなのではないでしょうか。

誰にでもできる仕事をそつなくこなすのではなく、自分にしかできない仕事をする。
そうすれば、様々な方面からチャンスが舞い込んでくるはずです。

私もこれは肝に銘じておこうと思いましたよ。
ニッチ分野を探し、そこで第一人者になる。いいですね。
なかなか見つかりませんが、探していこうと思います。

あ、強みがいかされるのは好きなことじゃなくて、得意なことですからね。
このあたりは私自身混同していました。



著者の島岡さんはGTDなんかも取り入れているんですね。GTDはどうやら研究職には最適の生産向上ツールのようです。研究職といわず、デスクワークが中心のビジネスパーソに特に向いていると思いますよ。



他には英語学習法、プレゼン術、ブログ論なんかも参考になります。
私が日々生活の中に取り入れてみたいと思ったことがたくさんありました。



この本の中ではたくさんのビジネス書の引用があります。すごいな、と感じたのは著者がビジネス書の内容をじゅうぶん咀嚼し、自分の仕事という文脈の中で応用しているところでした。
これは私も見習わないとなと思いましたよ。

本書で取り上げられている本で私も読んだことがあった本はこちら。


>>さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る



>>今日も絶好調と言えているか。「カエルを食べてしまえ!」

カエルを食べてしまえ!カエルを食べてしまえ!
(2002/03)
ブライアン トレーシー

商品詳細を見る



>>ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのかザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか
(2002/12/14)
エイドリアン・J・スライウォツキー

商品詳細を見る



>>アイデアのちから

アイデアのちからアイデアのちから
(2008/11/06)
チップ・ハースダン・ハース

商品詳細を見る



>>生命の本質とは 【書評】生物と無生物のあいだ

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


>>ハイエク 知識社会の自由主義

ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)
(2008/08/19)
池田 信夫

商品詳細を見る



問題解決プロフェッショナル「思考と技術」問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
(1997/01)
齋藤 嘉則グロービス

商品詳細を見る


7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィージェームス スキナー

商品詳細を見る


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る




内容はいいのに、一般向けにしてはちょっと値段が高いのが玉に瑕ですかね。
でも、読む価値じゅうぶんありだと思いますよ。

やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論
(2009/08)
島岡 要

商品詳細を見る





-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。